端午の節句の兜は誰が買うべき?

スポンサーリンク

916428ce3207463b8f4ca5ff91663acd_s

3月の雛祭りが終わるとすぐに、デパートなどで端午の節句の五月人形や兜が並べなれます。初孫の初節句となれば両家のおじいちゃんおばあちゃんは、可愛い孫のためにお祝いの品物を何でも買ってあげたくなるでしょう。

さてこの端午の節句、様々な風習があります。兜を飾るのもその一つです。では兜はなぜ飾るのでしょうか?誰に買ってもらうものなのでしょうか?

端午の節句とは

5月5日の「こどもの日」は1948年に制定されました。それまでは「端午の節句」と呼ぶのが一般的でした。この端午の節句は江戸時代に法制化されており、日本では奈良時代から伝わっています。端午の節句は月の「端」と言う意味で、その頃は5月5日とは限られていませんでした。その後毎月5日になり、そして「五」が重なる5月5日になりました。

大昔の日本では、五月女と呼ばれる若い女性の節句でした。神聖な田植えを行うのが五月女の仕事で、五月の田植え前によもぎや菖蒲を使って邪気や厄災を祓っていたと言います。
平安時代には中国から端午の風習が入って来ます。江戸時代には端午の節句が武士の間で縁起が良いとされて男性の節句になり、公的な行事と認められ庶民にも普及するようになりました。

端午の節句にはどうして兜を飾るの?

端午の節句は「重五の節句」や「菖蒲の節句」とも呼ばれます。
男の子が生まれるとこの節句の時に兜を飾ります。他にも鯉のぼりや五月人形なども飾ります。
兜は大切な頭を守る物で、戦の時に鎧と一緒に必ず兜をかぶって命を守ります。そこから兜は命を守る象徴として考えられるようになり、大切な跡取りになる男の子に危険が及ばないように兜を飾って守るようになったそうです。

スポンサーリンク



端午の節句の兜は誰が買うべき?

大昔の日本では結婚しても嫁は子供たちと実家で暮らし、夫は嫁の実家に通っていたと言います。
その頃は嫁や子供たちに必要なものは、すべて嫁の実家が用意していました。

そして古い時代では、結婚は家と家との間で労働力や跡継ぎを作るための手段でした。結婚すると嫁ぎ先の家族とともに暮らし農業などに励みます。暮らしに必要なものは全て嫁ぎ先の両親が準備しましたが、稼いだお金もすべて実家に渡します。

その頃は娘を嫁がせた方の両親は、会いたいときに簡単に娘や孫に会いに行くことはできません。
それでも元気にしているか、病気はしていないかと心配になり会いに行きたくなります。
それで初節句などを理由に、兜や鎧を持って会いに行っていたと言われています。
昔は、世継がせた方の両親が兜を用意していました。

しかし現代の日本ではしきたりや文化が変わり、娘や孫とも自由に会うことが出来る時代になっています。
兜を買うのは地域によって違い、大きく分けると関西地方は「嫁の両親」が、関東では「嫁ぎ先の両親」が用意する風習になっているそうです。
これでは両家の地域の違いで、どちらが買うかでもめてしまうことがありそうです。では本当に誰が買えばいいのでしょうか?

現在では、初節句の兜は誰が買ってもいいそうです。孫の誕生を喜び成長を楽しみにする気持ちは、両家どちらの親も一緒です。
生まれてきた子供の事を一番に考えて、両家どちらにも負担がかかりすぎないように話し合って誰が買うかを決めればいいそうです。

初節句に必要なものは兜だけではなく、鎧・鯉のぼり・柏餅など他にもあります。しかし住宅事情により鯉のぼりを飾ることが出来ないお家もたくさんあります。
また、成長するに当たり学習机やランドセルなど大きな買い物が増え、その都度両家のどちらが買うかで揉めるかもしれません。そうなる前に初節句で話し合いをして、負担額を均等にしたり順番を決めるなどした方が両家の揉め事を少なくできます。

YouTube 初節句飾り


YouTube でぶ猫もんじろうの初節句で兜をかぶる


YouTube わが家の兜です

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ