百箇日法要のお布施ってどのくらいが一般的なの?

スポンサーリンク

c86a24daefc46f90c3d68aee83013752_s

百箇日法要は、故人がなくなった日を含めた日数を数えた、100日目に行う法要です。

この百箇日法要は地域によっては省略するところもありますので、馴染みがないという方もいらっしゃるかと思います。自分の実家も百箇日法要はあまり聞きません。

調べてみると、昔は盛大に行った法要です。

身内の不幸は時として突然。マナー本などを確認する間もなくやってくる出来事で、通夜や葬儀に臨まなければいけません。その後もしばらく続く仏事。100日はあっという間に訪れます。「誰かが亡くなる予定でもないのに、縁起でもない」などと思わず、是非関心を持っていただけたらと思います。

泣くことをやめる日

故人が亡くなると、遺族は忙しくなります。もちろん大事な家族が亡くなったのだから悲しいです。しかしとにかく目の前にやることが山積み。葬儀の手配、弔問客の対応、そして菩提寺へ包む金額に頭を悩ませます。

地元の葬儀会社であれば、「このお寺はこのくらい包めば大丈夫」という相場を知っていますので、不安であれば葬儀会社の担当者に聞くことです。

葬儀が終わると、亡くなった日から7日ごとに菩提寺のご住職がお経を読みにいらっしゃいます。初めての7日目が「初七日」。葬儀後、3~4日後にもう初七日です。初七日の曜日を覚えておけば、毎週同じ曜日にご住職がいらっしゃいますのでわかりやすいです。

7日ごとのお経が7回。最後の7回目が四十九日。四十九忌とも言います。

四十九日が過ぎて、少し落ち着いたかな、そんなとき急に家族が亡くなった実感が湧き、私も親戚の人に「葬儀って、わざと遺族を忙しくさせて悲しむ余裕がないようにしているのかもね」と言われたことを思い出しました。

百箇日法要は「卒哭忌(そっこくき)」とも言うのだそうです。故人が亡くなってから100日経ち、この法要をもって、遺族が「哭(な)くことから卒(しゅっ)する(=終わる)」悲しくて涙を流すことを終わりにする日ということのようです。

最近はこの百箇日法要を省略したり、簡単に済ませる場合が多くなりました。遺族や近親者のみで自宅にて行い、仏前で菩提寺のご住職を招いて行うことが一般的です。
スポンサーリンク


百箇日法要の「お布施」について


百箇日法要はお寺のご住職にお経を読んでもらい、参列した人がお焼香をし、御住職のお話(説法)を聞いて終わり、という場合が多いようです。法要後に会食する場合、特にご住職に同席していただかなくてもいいようですが、地域のマナーはそれぞれ。ご住職に出ていただかない場合は「御膳料」が必要になるかもしれません。

さて、法要で必要になってくるのが「お布施」です。お寺に納めるお布施、金額が決まっているものではないだけに、悩むものです。
目安としては、四十九日より若干少な目。大体3万円~5万円くらいを目安にしているところが多いようです。

もちろんそれより前後しても問題はありませんが、四十九日のお布施から急に下がる金額もよくありませんので、四十九日を奮発してしまった場合はちょっと大変かもしれませんね。

よくわからない場合には、葬儀のお布施やご仏前の金額を決める時点で、百箇日についても葬儀会社の人に相談してみるといいですね。
百箇日が過ぎると、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌といった年回りに法要があります。

三回忌を過ぎると法要の規模は少しずつ控えめになりますが、法要をすればついて回る「お布施の金額」、やはり「地元の常識的な範囲」を切羽詰まる前に調べて置く必要があるかもしれませんね。

百箇日法要の服装

法要の際、遺族、親族は四十九日を過ぎると略式服でもいいようですが、礼服のほうが無難かもしれません。男性のネクタイもグレーの「法要用」が仏具店などで売られていますが、黒のネクタイでも大丈夫でしょう。

女性も礼服が無難ですね。略式にする場合も礼服に準ずるような服を着ましょう。

膝が隠れるくらいのスカート丈、黒いストッキングで、夏でも肌の露出は避けます。サンダルやミュールはNG。アクセサリーは結婚指輪とパール以外は身に着けない様にしてください。

呼ばれた立場の場合、地域性として、ご仏前としてお金を包むのか、お供えを持っていくのかは地元の人に事前リサーチです。手ぶらでいくのはいけませんよ。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ