濡れた靴の臭い対策とは?

スポンサーリンク

55e8c00ef930ccffb274e36b083f34da_s
春夏秋冬、雨は降ります。梅雨時、夕立、秋もよく雨が降ります。もちろん冬も雨や雪が降ります。
出先で突然雨が降ってきた!そんなときはだいたいが革靴やパンプス、スニーカーでいることがほとんど。水たまりに入ってしまったり車に水をはねられたり、傘をさしていても結局濡れてしまう靴。さぁこの靴、家に帰ったらどうしよう。そのままにしておくと・・・そうです、いやなにおいがしてきますよ。

濡れた靴をにおいから守れ!


なぜ濡れた靴がにおいやすくなるのでしょうか。
それは水に混じっていた泥などのせいもありますが、人間がかいた汗や脂汚れが原因で雑菌が繁殖してしまっているからなんです。

濡れていない靴でも、こういったことで靴がにおう場合がありますが、靴が濡れてしまうとさらに雑菌が繁殖してしまうのです。恐ろしいことです。

どうしたらにおいをなんとかできるでしょうか。それは雑菌をやっつけてしまうことです。
まず、スニーカーなどは洗うことができるので、粉末(酸素系)の漂白剤などを入れたお湯に漬け置きすることでずいぶん解消されます。
最初に汚れを洗い流してから、お湯に漂白剤を溶かした中へ漬け込んでください。

塩素系の漂白剤は色落ちします。使わないようにしましょう。
酸素系の漂白剤でも素材等使えるものかどうか確認してくださいね。
革靴、パンプスなど、ちょっと洗えないなぁと思う靴は早く乾かすしかありません。
中敷きが外せたら外し、可能であれば取り換えるとよいでしょう。

靴には新聞紙を丸めてつめておきます。平らに置くのではなく、何かに立てかけるなど、できればつまさきを下にしておきます。
置く場所は風通しのよい日陰。新聞紙は濡れたら交換するといいですね。
ある程度新聞紙が水を吸ってくれたら、アルコールで消毒して日陰干ししておくとさらによいと思います。

スポンサーリンク


においが普段から気になる人は普段から対策を


重曹が家にあるというお宅は最近多いかと思います。
ドラッグストアやスーパー、100円ショップなどでも手に入ります。
使わなくなった靴下(穴の開いていないもの)やお茶用パックなどに重曹を入れて靴にいれておくと消臭効果があります。
湿気もとってくれるので、靴を履いている間にかいた汗などもとってくれます。

同じようにお茶パックに入れて使えるもので、コーヒーかすがあります。
コーヒーを飲み終わった後のかすをしっかり乾燥させ、お茶用パックなどに入れて靴の中へ。
コーヒーかすも消臭効果があり、湿気もとってくれます。
重層かコーヒーかす、どちらかがおうちにあるという方は是非試してみてください。

竹炭も消臭効果が知られていますね。普段から下駄箱の中や、少し砕いたものをやはりお茶用パックなどに入れて靴にいれておくのもよいみたいです。

銅は雑菌を繁殖させない効果があると聞きますので、10円玉を靴に入れておくというのもいい方法かと思いますが、硬貨は小さいので靴の中にいれたまま履いて行かないように気を付けてくださいね。

下駄箱の中に数枚いれておくのも効果が期待できます。
吸水の面でいえば、レンガが水を吸ってくれるそうですので、レンガの上で靴を乾かすのもよいのだとか。

靴のにおいは結局のところ、原因となる湿気を早く取り除いたり、雑菌そのものを退治したほうが勝ち。
消臭だけでは結局またにおいがしてしまいますので、濡れた靴は早く乾かすに限ります。
雑菌を大繁殖させないようにしてくださいね。

今日は絶対雨だと思ったら、濡らしたくない靴は履かず、防水の長靴やレインブーツを履いた方が賢明なのですが、やはり職場やデートに長靴では行けないとかいろいろありますよね。

職場などで使う靴は2足以上を所持し使いまわした方が靴も長持ちするといいますし、どうしても濡れてしまったときはしっかり乾かさないといけないので、やはり靴は複数持っておく方がいいのかな、と思います。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ