汗染みは重曹でスバッと解決!

スポンサーリンク

e75c98ce2888c11a74e6a2e5fe4df261_s

主婦の間で大人気、いろいろな使い方ができるおなじみの「重曹」。

いまや大掃除にはなくてはならないという人も多いのではないでしょうか。

この重曹、洗濯にも使えます。汗染みや黄ばみもすっきりきれいに落ちるので、ぜひお試しください。
http://window-film.co.jp/special/jyu300350.jpg



黄ばみの原因は?


衣替えの時期に衣装ケースを開けたら服が黄ばんでいた・・・きちんと洗濯したのにどうして出てくるのかというと、やはり汚れが残っていたからです。

黄ばみは汗染みがきれいに落ち切ってなかった証です。

そしてよくやってしまうのが洗濯したワイシャツを外で干すこと。

洗濯で落ちなかった皮脂が紫外線に当たると化学反応で黄ばみの元を作るのだそうです。

念のためにワイシャツは陰干ししたほうがよさそうですね。

しかし、これは汗が洗濯で落ちていなかったということなので、汚れはきれいに落とせたほうがいいですよね。


重曹って万能!簡単染み抜きお洗濯


それでは、重曹を使って汗染み・黄ばみをきれいに落としていきましょう。

とても簡単な方法です。

まず、重曹と酸素系漂白剤を同じくらいの分量ずつ取り出し、ぬるま湯に溶かしていきます。

これを直接、汚れてしまったワイシャツの襟に塗ります。

そしてアイロンのスチームもしくはドライヤーの温風を当てるときれいに落ちるのだとか。

これはとても簡単ですね。

汗染みが残って黄ばんでしまったものもすっきり落ちるというから驚きです。

他には、40度くらいのお湯に漂白剤と重曹を入れて漬けこんでおくという方法。

皮脂汚れはお湯で落としやすいのですが、熱湯だとタンパク質が凝固してしまうのだとか。

熱すぎない40度くらいのお湯がよいそうです。きれいになったらすすいで通常のお洗濯をします。

衣類のお洗濯には漂白剤は必ず酸素系漂白剤を使いましょう。
http://up.gc-img.net/post_img_web/2015/01/b07e76984e837238cf609d5340dfc357_17888.jpeg


重曹を使うメリット


襟や脇の下は汗をかく場所で、当然臭いの元も付着しやすい場所。

重曹は消臭効果もあるので、漂白剤では落としきれない臭いも軽減してくれます。

お洗濯してもなかなか臭いが消えない、という方も一度試してみてはいかがでしょうか。


重曹を使う上での注意点


・重曹を使うときは、直接塗るもしくは漬け置きにのみ使います。洗濯機に重曹を直接投入するのは、洗濯機の故障につながる場合がありますので、おすすめできません。重曹を直接塗った場合はきちんと洗い流してから洗濯機に入れるようにしましょう。

・また、これらの漂白方法は白い衣類にのみ有効ということです。重曹は漂白効果もあるとのことで、色柄物は色落ちの可能性があります。色柄物はクリーニング店で汚れを落としてもらうほうが安心です。

・液体の酸素系漂白剤よりも粉末タイプのほうがきれいになるそうですが、粉末タイプは色落ちもしやすいというのが特徴です。真っ白な衣類なら大丈夫かとは思いますが、色柄ものやシルク・革製品等には絶対使わないでください。

・洗える衣類、洗えない衣類も洗濯表示を見て判断してください。特にシルクはご家庭でのお洗濯には向きません。クリーニング店で汗染みがあることを相談してみましょう。シルクはそもそも水洗いに向かないので、クリーニング店でも落としきれるかどうかはわかりませんが、一言相談してからお願いしたほうがよいでしょう。

重曹と酸素系漂白剤を混ぜるときは小皿などで混ぜましょう。炭酸ガスが発生するため、ペットボトルなどの密閉容器で混ぜると容器が破裂するかもしれません。危険ですのでご注意ください。

・混ぜる漂白剤は必ず酸素系を。塩素系は絶対に使用しないでください。

重曹でのお洗濯、汗をかく季節だけでなく、衣替えの時期などにも使えそうですよね。

ワイシャツは毎日きれいにしておきたいけれど、クリーニング店に持っていってばかりいては、やはりクリーニング代が気になってしまいます。ワイシャツだけでなく、下着やTシャツも洗濯で汗がきちんと落ちてないと臭いの原因にもなります。

もし、汗染みや黄ばみが取れずにクローゼットで眠っているワイシャツや白いTシャツがありましたら試してみてくださいね。

【その他重曹の使い道に関する記事】
重曹で風呂掃除もできる?重曹の多様な使い道!
重曹で歯磨きするのは危険?
重曹で足の臭いが消える!?重曹を使った簡単便利な消臭方法

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ