東京のお盆は時期が違う!?

スポンサーリンク

9bf8003cea3330d5e62baf1430ad2812_s

日本では一般的に8月がお盆とされています。

学生の頃の部活動でも、お盆休みは8月の3週目に頂いていたでしょう。

しかし東京のお盆は、実は7月13日~16日間の4日間が時期となっています。

意外と知らなかったという方、多いのではないでしょうか。

東京と地方のお盆の時期


それでは東京以外は8月がお盆の時期かというと、神奈川や東北地方でも7月をお盆の時期としている地域があります。

よって、地域によっては7月がお盆の時期もあるということです。

自分がお住まいの地域のお盆時期、意外と調べてみないとわからないものですね。

ただし、都市部の7月でも地方の8月でも、15日という日を目安にしていることは変わりありませんね。

東京のお盆は、なぜ7月?


それでは、東京のお盆はなぜ地方とずれているのでしょうか?

ひとつは、都市部と地方でお盆の時期が同じよりも、時期がずれた方がより人が集まれるからです。

もし同時期にお盆を迎えることになると、親戚など一同が集まる機会が減ってしまいます。

お盆は、死者であるご先祖様の霊が年に一度帰ってくるという時期であると信仰されており、死者を迎え火で迎え入れて、送り火で見送るといったことを行います。

なので親族一同で、ご先祖様をお盆に迎える必要があるのです。

都市部と地方で時期をずらしてまでもお盆を大切にしているのは、目上の方を重んじてきた日本ならではの風習だと考えられます。



太陽暦の導入も関係がある!


ほかには、太陽暦の導入が原因です。

もともとは旧暦の7月15日に行われていたお盆ですが、新暦が導入されて現在の7月に行われるようになりました。

旧暦の7月15日は、現在の新暦でいうと8月15日に近い時季です。

このように新暦の導入がされましたが、農村部の人たちにとっては農作業が忙しい時期である新暦の7月がお盆となってしまいました。

そのため、急がしい時期を避けるために、旧暦のまま1ヶ月遅れで行うようになりました。

その結果、都市部は7月で行いますが、農村部の地方では8月で行われるようになったという経緯です。

それが今では、旧暦のお盆の時期が一般的になっています。

それほど元々は、ご先祖様は地方の方という人が多いのだと思います。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ