断水の時のトイレの流し方とは?

スポンサーリンク

870ac6d8cf6a31d380acc2b9d2211117_s

私が小さなころは、時々断水がありました。忘れっぽい祖母が家中の水道の蛇口に赤い布を巻いて、蛇口をひねらないようにしていたのを思い出します。

田舎なので飲料水に使える井戸水もありましたし、トイレは汲み取り式でしたので、断水だからと生活に困ることもなかったのですが、家を増築したりリフォームしたりでトイレも水洗に変わった今、断水というのが本当に厄介。

井戸水はありがたいことに出ていますが、水回りの設備会社が「井戸水は成分の関係から風呂とトイレにはお勧めできない」と言ったのもあり、トイレも風呂も水道が止まってしまうとそれはもう大変。

災害に見舞われ断水なったこともありますが、その時の困ったことといったらありません。
いざというときでも、人間ですからトイレに行きたくなることは仕方のないこと。さぁそんな時どうする?!

用意があれば流すことは難しくない


水道管工事や水不足などの理由で断水があることがあらかじめわかる場合は、用意さえしておけば恐れることは何もなし!

用意するのは、断水が始まる前に水を汲んでおくこと。断水時間が長い場合や家族の人数が多い場合などは、お風呂に水をはるなど、水を多めに確保しておいてください。もちろん、昨日の入浴の残り湯でも大丈夫です。

まず、ウオッシュレットのコンセントを抜いておきましょう。

オート便器洗浄機能・オート開閉機能がある便器は、オート機能を「切」にしておいてください。

オート洗浄がONのままだと、防災用の水が出てきてしまう恐れがあり、オート開閉機能を切る理由は、洗浄中に便座が起動してしまうのを防ぐため。必ず切っておいてくださいね。

断水中は「切」のままにしておきます。次に、トイレの床に新聞紙などを敷き詰め、水が跳ねたりこぼれたりしてもいいようにしておきます。
トイレに8L+4Lほどの水を準備しておきましょう。
スポンサーリンク


いざトイレへ


用を足すときがやってまいりました。普段どおり用を足したら、次の手順で流します。

手順1.便座・便ふたを上げて、8Lを水はねに注意しながら、勢い良くボウルに流し込んでください。
手順2.次に、静かにバケツ4Lを流し込みます。

これで「流す」作業はOK。あとは次に使う人のために便座を下し、次の人用の水を用意しておきましょう。

これで、とりあえず排泄したものは流れていきます。ただし、排水管の中で停滞している場合がありますので、2~3回に10~12Lくらいを流してくださいね。



やってはいけないこと

トイレにも種類がありまして、タンクに水を貯めて流すタイプとタンクのないタイプがあります。

タンクがあるものでも、必ず水は便器内に流しましょう。風呂の残り湯や汲み置きの水に混ざっているごみや髪の毛などがタンクの中で詰まってしまう場合がありますので、タンクに水を入れてから流すことのないよう、気を付けてください。

また、無理にバケツでタンクに水を入れようとして水をこぼすと周囲を汚してしまうばかりか、周辺コンセントなどにも水がかかってしまう恐れがあります。電気に水は大敵ですので気を付けてくださいね。


その他の注意点

集合住宅などでは、停電でもトイレが使えない場合があります。それを考えるとトイレはいつ使えなくなるかわかりません。

やはり手っ取り早いのが風呂の残り湯。お風呂のお湯はすぐに落とさないほうがいいのかもしれませんね。

災害などは待ったなしでやってきますので、やはり災害用の携帯トイレ等が必要な場合もあります。用意はしておいたほうがいいですね。

ただの断水であれば水を溜めて準備しておけますので、トイレは我慢しなくて大丈夫。断水のお知らせをしっかり読んで準備万端にしておきましょう。
断水解消後にすぐ、トイレ内の機能を復活させ、洗浄してくださいね。

やっぱり、水って大事ですね。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ