換気扇の油汚れ、あなたならどうやって落とす?

スポンサーリンク

27aaed2575976c0d86343af7df0994ab_s

換気扇のお掃除、しましたか?

年末の大掃除、主婦のお悩みです。窓を拭いたり、いらない書類の整理。

食器棚を整理したりシンクをきれいに磨いたり。
そして、これはパパの担当だというお宅が意外にあるのが換気扇のお掃除
それだけ換気扇の掃除は大変。
年末、きちんと掃除したという方も、今回は断念した方も、ぜひ読んでいただきたい換気扇のお掃除方法です。

換気扇は油汚れで大変


換気扇の掃除をするときは、若干分解作業があるなど、面倒なことも多いうえ、頑固な油汚れを取るのも大変。なんとか簡単に汚れが落ちる方法はないでしょうか。
油汚れはなかなか落ちないし、分解や組み立ても面倒で、つい気づかないふりをしている方も多いのでは?

年末になると、テレビショッピングなどでお掃除洗剤などがたくさん紹介されます。ホームセンターなどでも油汚れ用の洗剤が買えます。しかし身近なもので上手に汚れを落とす方法があったらいいと思いませんか?


油汚れを効率的に取るには


換気扇を分解・掃除するために、まず換気扇の取扱説明書を見てください。これは必要以上に分解しない、戻す時に間違えないため。

どうしても取扱説明書がない場合には外した順番などをしっかり覚えておいてください。カメラなどで記録しておくのもいいかもしれませんね。

それから、油汚れ用洗剤を使うのが定石なのかもしれませんが、一年間の油汚れはなかなか頑固。
洗剤を使ってもちょっとやそっとでは落ちなかったという方もいらっしゃることと思います。そこで調べてみて、効果ありかも、と思えるものを紹介します。

・油には油で
油を落とすには油。油汚れは油でとるといいそうです。お掃除するときはゴム手袋をして行ってくださいね。
油汚れの取れにくいところに、使用済みのサラダ油を塗って、ビニール袋に入れて放置。できるだけ暖かい部屋に置いておいたほうが汚れが取れるそうですよ。
30分ほどしたら新聞紙やぼろ布などでふき取ってみてください。その後、台所用の中性洗剤で洗い流すとすっきりきれいになるそうです。

スポンサーリンク



・重曹で落とす
もはや主婦の間では定番になりつつある汚れ落としアイテムの重曹。この重曹を水で溶いたものを汚れ落としとして使います。少しの汚れなら重曹スプレーでもOK。

吹きかけてしばらくおいておく、キッチンペーパーに吹きかけて汚れに貼り付けておくなども効果があります。でも、少々頑固な汚れには、重曹:水=2:1のペースト状のものがお勧めです。

水と重曹を混ぜたものを30分くらい置いておくと、汚れに塗りやすいペースト状になるといいます。汚れに直接塗って、乾かないようにラップもしくは袋で覆います。30分ほどしたら重曹をふき取って、お湯で洗い流してください。こちらも手袋を着用したほうがいいでしょう。

もしくはつけ置き法。水ではなくお湯(熱湯でなくて大丈夫です。湯沸かし器の温度くらいで大丈夫でしょう。ちょっと多めに重曹を溶かし、分解した換気扇を20分から30分ほどつけ置きしてみましょう。

大きな容器がない!という人は段ボールにビニール袋でOK。段ボールの隅一か所を切ってそこからビニール袋を出してキッチンにおき、穴からビニール袋を出した場所を流し台に向けておけば、水を抜くときビニールを切って排水できるので楽!という技を紹介しているサイトもありました。アイデアですね。

ビニール袋は切れないように、気持ち大き目のものを用意したほうが、いいかもしれません。




換気扇の掃除で注意したいところ

換気扇を掃除するときは、当たり前ですがスイッチはオフに。
IHコンロのお宅はブレーカーを落としたほうが無難かもしれません。何かを落としたときや間違ってスイッチに触れてしまった場合、少々危ないですから。
ガスコンロのお宅も同様にチャイルドロックなどをかけて、作業中に火がつかないように心がけてください。
洗剤や重曹、汚れたものを触りますので、手袋をして作業してください。手荒れ予防・ケガの予防にもなります。

さて、これから掃除をしようという方、年末にやったけど思ったほど汚れを落とせなかった方、ぜひ上記のやり方をやってみてください。
なかなかこまめには掃除ができないキッチンの換気扇。年に一度はきれいにしてあげると、換気効率もアップするかもしれませんね。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ