揚げ油の捨て方とは?

スポンサーリンク

fad4171d570015c652d642ecdc85ff70_s
天ぷらやフライなどに使った油、みなさんはどうしていますか?
油ポットにとっておくという方もいらっしゃるかと思いますが、あまり何回も使うのは体にもよくないと聞いたことがありますので、油ポット利用者の私も時々油を捨てることがあります。
油は極力、排水溝に流さない」ということだけはわかっているので、燃やすごみの日に出せるように捨てます。
ごみに出すときの捨て方でいつもなんとかならないかと思っていることがあります。
私は油を固めるタイプのものを使うので、そういったものを買わずに油を捨てたいなぁと思うのです。
皆さんは油を捨てる時、どうやって捨てていますか?

使用済み油を固めて捨てる


使用済みの油を捨てる時、どうしようかなと思いながら使っているのが、ずっと油を固める市販の凝固剤。
粉末状のものを使用済みの油の中に入れて時間がたつと固まっている、というお馴染みのものですが、我が家もそろそろ在庫がなくなってきたので、また買おうかどうしようか考えています。

すっきりきれいに捨てられるのでとても重宝します。
ですが、最近やはり「捨てるものにお金をかけるのか?」ということが頭をよぎり、ほかの方法はないかなと調べている次第です。
スポンサーリンク


ビニール袋+新聞紙

油を捨てるときは、こぼれないようにして捨てるのが基本。
ですので、あまり大量でなければ、ビニール袋に新聞紙をクシャクシャにして多めに入れ、その中に油を少しずつ流しいれて新聞紙に油をしみこませて捨てます。

新聞紙の代わりにいらなくなった雑巾やぼろ布などを使ってもよさそうです。
このやり方で気を付けなければいけないのが、ビニール袋に穴が開いていないことを確認すること。
油が万が一こぼれてしまうといけません。
新聞紙に吸わせてはいますが、全部吸っていないこともありますので、袋のチェックは必須です。
できることならビニール袋は二枚重ねにしたほうが安心です。
油を入れてしまったら、ゴムでしっかり口を縛って捨ててください。

牛乳パック+新聞紙


ビニール袋ではちょっと心配な量の油を捨てたい場合、おススメなのが牛乳パック。
ビニール袋の時と同じように新聞紙をクシャクシャにして入れて油を流しいれます。
流し入れたら、必ず口をガムテープなどでしっかり留めます。
こぼれないようにすると同時に、やはり使用済みとはいえ油ですので、火の用心の意味もあります。

もしお近くにありましたら、回収を利用しましょう

使用済みの天ぷら油を回収を行っている企業や自治体が増えていると聞きます。もしお近くに回収してくれるところがあったら是非そちらに出しましょう。

燃料などにリサイクルされているということですので、エコなのではないでしょうか。

私は油をできるだけ使い切るので、捨てる機会がとても少ないのですが、一回凝固剤を買うとかなりもつのでそんなに考えなくてもいいのかもしれないですね。

それでもやはり買うときになると「わざわざ買ってまで必要なものなのだろうか」と考えながら買ってしまいます。
ただ、凝固剤は本当にきれいに処理できたりいいところがあるので、皆さんが油を捨てるときに何を優先するのかを捨て方に反映させてください。
私は一度、ビニール袋と牛乳パックを試してみたいな、と思います。
試してみて、それでも凝固剤のほうが使いやすいと思うのか、お金を出さずに捨てられる方法を選ぶのかはわかりませんが、自分の性格やこだわりなどに合わせた捨て方が精神衛生上いいのかな、とも思います。

揚げ物が面倒に思う理由として、油をたくさん使うということやその油の処理を面倒に思ってしまうことがあると思います。
油は繰り返し使うのは3回くらいと言われています。
体のことを考えると、あまり揚げ油を何回も使うのはよくないといいますので、無理に油をとっておこうとせず、ある程度使ったら新しい油を使うようにしてください。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ