実印の使い道ってどんなものがあるの?

スポンサーリンク

34e776df81dcfe99c4d15d063f9e63b9_s

印鑑を1つは皆さんも持っていますよね?
宅急便の荷物を受け取るときや、マンション借りるときにも書類に捺印が必要ですし、銀行口座を開くときにも印鑑が必要です。
印鑑のそれぞれの呼び方があるのはわかりますか?実印の使い道は知っていますか?

印鑑は実印の他に認印や銀行印がある

個人で使う場合には印鑑は、大まかに3種類に分けられます。そしてそれぞれの印鑑には役割があります。

・実印:自治体に登録します。これは不動産の購入など重要な契約の時に使います。
・銀行印:金融機関に届け出をし、口座開設の時などに必要です。
・認印:登録・届出の必要はありません。申込書などで使います。

よく使う印鑑はもうひとつある

日常でもう一つよく使う印鑑があります。それはシャチハタ印です。
朱肉を使わない簡易ゴム印のシャチハタ印は実は会社名です。
私たちも良く「シャチハタ」と呼びますね。この簡易ゴム印は利便性が高いので様々なシーンで気軽に利用が出来ます。

しかしこの印鑑は認印としての利用しかできません。実印や銀行印には認められないのです。
ゴムが傷んだり色が薄くなったりするので、書類に使用するよりも宅急便の受け取りなど多くの人に見られる可能性があるときだけの使用が無難です。

そしてこのシャチハタと三文判との区別も混乱すると思いますが、三文判は朱肉を使う印鑑を言います。
三文とは安い金額を現す言葉で、三文判とは安価な印鑑の事を言います。時々「シャチハタではなく三文判でお願いします」と言われるような時は、朱肉を使う三文判を使います。

それぞれの印鑑を使うシチュエーションは?

印鑑がいくつかあるときに、どれを利用したらいいでしょうか?
履歴書・仕事の書類には認印を使います。
そして銀行口座の開設や生命保険の加入などは金融機関に使う印鑑として銀行印を使うと混乱せずに済みます。
そして車の購入やマンションの購入では実印が必要になります。

実印にはどんな使い道があるのか?

さてここでは実印の説明をします。実印とはどのような印鑑なのでしょう。
実印とは住民票を登録している市区町村の役所に「印鑑登録」をしている印鑑の事を言います。

スポンサーリンク



登録するときには戸籍上の名前で登録しているので本来ならフルネームで登録するのですが、苗字や名前だけの印鑑を登録している人もいます。
印鑑証明を提出することによって、本人であることが証明されます。

家の購入など大きなお金が動くようなシーンでなりすまし被害に合うわけにはいきません。
このような時に実印と印鑑証明を使うのです。
そういう重要な時に使う印鑑なので「実印お押してください」と言われていなければ、認印など他の印鑑を使いましょう。
実印が必要なのは次のような時です。

・土地・建物の売買のような不動産取引
・車の購入
・ローンを組む
・契約書・遺言書など公正証書の作成
・遺産相続
・電話加入権の取引
・官公庁での手続き

実印を作るときの注意点

実印を使うシチュエーションはマンションの購入など大きなお金が動く時や、重要書類の作成時などです。
暮らしている町の役場に登録をするものなので、何回も登録をし直すような粗末なものではいけません。
登録できる実印は一人1本までです。
作るときには偽造しやすい素材の物は避けましょう。
水牛やチタンなどの高級なものが実印に向いています。

そして登録できる実印のサイズもそれぞれの市町村で決まっているので、作る前にホームページなどで確認をしておいた方が安心です。

印鑑登録には年齢制限がある事を知っていますか?登録は15歳以上と決まっています。あまり若い時に実印を作っても、使う場面がないので必要はありませんね。

YouTube チタン実印の捺印


YouTube 実印と認印の違いは?

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ