大人気!青春18切符のうまい使い方 

スポンサーリンク

0158adfea51bab954733e67bc3d71177_s
「青春18きっぷ」の名前を知らない人はいないでしょう。有名なJR線の電車乗り放題の切符です。
これさえあれば、全国各地へ低価格で旅をすることが出来ます。
「ゆっくり時間が使える、学生のうちにこの切符で旅をしたい」「これで仲良しグループで旅行を楽しみたい」と思う人も多いでしょう。

しかし気が付けばいつも利用期間が過ぎていて切符を買い逃し、結局いつものツアー会社に予約してしまう人も多いのではないでしょうか?
ここでは青春18きっぷのお得な使い方を、わかりやすく紹介します。

青春18きっぷとは?

JRが国鉄分割民営化される前の「国鉄」時代に、増収策の一環で発売した「青春18のびのびきっぷ」が1983年春から今の「青春18きっぷ」に名前が変更になりました。「青春」と名がついていますが、子供から大人まで誰でも利用できます。

利用できる期間は限られていて、学生などの春・夏・冬休み期間に合わせた時期を利用期間に設定し、販売されます。この切符を使えば、日本中のJR線の普通列車が乗り放題なのです。

青春18きっぷの値段や利用期間は?

青春18きっぷの利用期間は春が3月1日~4月10日、夏が7月20日~9月10日、冬が12月10日~1月10日です。販売開始はその利用開始日の10日前で、販売終了日は利用終了日の10日前です。

購入できる場所はJR駅の緑の窓口かJR駅の指定席券売機、旅行会社でも取り扱っています。金券ショップで売られていることもあります。

値段は5回セットで11850円で、バラでは買うことが出来ません。1日2370円で時間が許す限り、日本全国どこへでも行ける夢のような切符です。

スポンサーリンク



どんなふうに使うと得なの?

5枚セットの切符でバラで買うことが出来ないので、ちょっと高く感じますよね?でも1日分を計算すると2370円なのです。
この切符路利用して計画を立てれば、普通列車だけの利用でかなり長距離の移動が出来ます。

また購入者だけしか利用できない切符ではないので、5人のグループで日帰りの旅プランをたてて使い切ることも出来ます。

この切符の良い所は、期間内なら連日で利用する必要がないことです。
たとえば休日2泊3日の一人旅で、2枚残ったとします。この2枚は期間内ならいつでもプライベートで遠方に出かける時や、仕事で各地へ出かけるのに電車の乗り降りが多く電車代がかさむときに利用が出来ます。

長距離列車の「ムーンライト」は青春18きっぷとは別に座席指定席を購入したら、乗車できます。このムーンライトは1日1~2往復程度の本数の少ない列車ですが、岐阜や信州まで乗りかえせずに行けるのです。

また、購入方法を工夫することも出来ます。
金券ショップで購入する場合は、正規の値段よりも安い場合があります。少しでも安い方とお得感を感じます。
青春18きっぷは使用すると返品がききませんし、未使用でも手数料がかかります。

しかし金券ショップなら、使えず残った分を期間内なら買い取ってもらえます。
また、同じように5枚も必要ない場合には使う分だけバラで購入できるので、無駄がありません。

青春18きっぷの人気の秘密

発売から30年以上、多くの人から利用されるのには人気の秘密があります。

それはまず、乗り降り自由と言うことです。ある程度計画を立てて旅の支度をしても、出かけてみて初めての路線で車窓の風景を眺めていたら、途中下車して寄り道がしたくなります。

そんなときにも余計な料金がかからないのです。日頃は仕事で時間との闘いが当たり前の毎日の人も、この切符を利用したたびでは時間を気にする必要がありません。自由が満喫できるのも人気の理由です。

そしてやはり、安さもこの切符の魅力です。新幹線の利用はできませんが、1日2370円でどこまででも移動が出来ます。1日の切符は午前0時~翌日の午前0時まで有効なので、24時あればかなり遠くまで行けます。

昼間のおおよその所要時間

東京駅から昼間普通列車を利用した場合の、おおよその移動時間です。

①東京~青森 18時間
②東京~秋田 12時間30分
③東京~盛岡 11時間
④東京~新潟 7時間
⑤東京~名古屋 6時間30分
⑥東京~大阪 9時間30分
⑦東京~広島 16時間


YouTube 27年夏季用「青春18きっぷ」を指定席券売機で購入


YouTube 青春18きっぷで行く ゆっくり実況!!四国編

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ