喪中の新年の挨拶はどうすべき? 気をつけることを色々ご説明します。

スポンサーリンク

WS000000
喪中に次の年を迎えてしまう時があります。自分の身内側のこともあれば、会う相手が喪中の場合もありますね。

年賀状は控えたけど、会った時に何と言ったらいいの?気を付けることは?

喪中の新年の迎え方について、色々調べてみました。

喪中の時の新年はどう迎えたらいい? 気を付けることは

年賀状は出さず、喪中はがきを11月中に送るようにします。12月になるともう年賀状を書き始める人がいるからです。また、12月は郵便事情が悪くなります。郵便物が急増しアルバイトが仕分けしたり配達することが増えるため、紛失などの事故が増えるのです。そのため、11月中に出しておくことをおすすめします。

お正月飾りは一切しません。おせち料理は、神道では「死」を汚れと考えるのでお祝いになるようなことは一切するべきではない、と考えます。仏教では四十九日を過ぎれば自宅内なら祝ってもかまわない、という考え方もあるので、家族で相談して決めましょう。

また、お正月が神道の行事であることから、お参りは寺院ならOK、神社への初もうでは不可、と考えるのが一般的。その代わり、故人のお墓へ初参りしましょう。お墓を清掃するのは暮れのうちのほうが、故人が清々しく新年を迎えることができますね。


喪中の新年の挨拶はどのようにしたらいい?

こちらが喪中の時と相手が喪中の時、それぞれについて説明します。

①自分側が喪中の場合
 喪中の場合は、年頭の挨拶はおこないません。先方が「あけましておめでとうございます」と話しかけて来ても、「おはようございます(こんにちは)。今年もよろしくお願いいたします」と返すようにします。

 喪中、他人のお宅への訪問は、喪に服すという意味からも、神道で死が「汚れ」とされていることからも、できるだけ避けたいものです。ご年配の中には、不吉だと大変嫌がる人もいます。

どうしても行かなければならない場合は、「新年早々おじゃま致します。本年もよろしくお願いいたします」と告げ、出来ればお宅には上がらないようにしましょう。

相手が初対面であったり故人と面識がない場合は、先方から言われた場合は「おめでとうございます」と答えても便宜上のことですから、問題ありません。
スポンサーリンク



②相手が喪中の場合
 相手が喪中の場合も、年頭の挨拶はおこなわないようにします。相手が「あけましておめでとうございます」と言って来た場合に限り、返してもよいでしょう。先方の信仰などによって、例えばキリスト教では「喪中」という考え方はありませんから、相手に合わせましょう。

 一番良いのは、「あけましておめでとうございます」という言葉は使わず、新年の挨拶をすることです。たとえば相手から新年の挨拶をされたら、お辞儀をして「昨年はお世話になりました。今年もよろしくお願いします」とか、「新年早々寒い日が続きますね。皆様はお代わりございませんか?」というように返せば良いでしょう。


挨拶以外に気を付けることはある?

年賀はがきと同様、悩むのがお歳暮ではないでしょうか。送って良いのか、送られて来たらどうすれば良いのか…。

①自分側が喪中の場合
 お中元やお歳暮には宗教的意味合いはありません。ですから喪中であってもかまわないことになりますが、喪中の人からの贈り物は気持ちよく受け取れない人もいます。ですので四十九日が過ぎてから送りましょう。

 のしは紅白でない無地のしにします。お中元の場合は1ヵ月ほど遅れても問題はありませんが、お歳暮の場合は年を越してしまいます。無地のしだとどのような時でも使えますので、一番無難と言えるでしょう。

②相手が喪中の場合
四十九日を過ぎてから送るようにしましょう。それまでは相手も忙しく、心身共に疲れています。また、香典と間違えられてしまう場合もあります。

お歳暮の場合、四十九日が年をまたぐことがあります。その場合は、新年早々先方に着くと「御年賀」のようになってしまいますので、松の内を過ぎた頃に届くようにしましょう。のしは紅白でない無地のしにします。


日本は神道と仏教の考えが入り混じっているので、しきたりもなかなか面倒です。地方や家庭によって神道色が強かったり仏教を重視していたり、と違います。更に仏教は宗派が細かく分かれていますから、宗派ごとの行事や考え方というものもあります。

とはいえ、どんな行為も故人を思ってのこと。あまり悩まず、回りの人に聞きながら対応して下さいね。


YouTube:喪中の時の初詣は控えるべきですか?


【喪中に関連する記事】
喪中の寒中見舞いはどう書くの?書き方を文例でご紹介。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ