古い切手を交換してもらう方法とは?

スポンサーリンク

5c7f4d766670b992095ededf56a71de7_s

引っ越しをするのでいらないものを処分しようと、物置を片付けていたら忘れていたものが山ほど出てきました。
その一つが子供の時に趣味で集めていた切手です。
古い切手がたくさん出てきました。

もう切手に興味は無くなったので売ってしまおうと思いましたが、最近では切手の買い取りをしてくれるところが少ないそうです。
そこで、古い切手の処分の仕方を調べてみたらいろいろありました。

古い切手はどうやって交換する?

切手は売っても、昔と違って額面以上の価値は無いそうです。それでも無駄にはしたくありません。
多額のお金に交換できなくても、誰かの役に立つような利用の仕方がしたいものです。ここで、いくつか交換の方法を紹介します。

・郵便局で交換する:
お年玉付き年賀はがきや記念切手など、シートのものは郵便局で交換してもらえます。
現金に交換することはできませんが、切手・はがき・レターパック・ミニレターに交換が出来ます。
古い切手ではがきに交換して懸賞に応募して当選したら、お得感がたっぷり感じられますね。
切手は記念切手以外の通常切手、はがきはくじ引き番号付きはがき以外の物と交換が出来ます。

そして郵便局での交換には、手数料がかかる事は覚えておいてください。切手とはがきは1枚につき5円、往復はがきとミニレターは1枚につき10円、レターパックは1枚につき41円です。この手数料は切手で払うことが出来ます。または、差額を差し引いた分だけ受け取ることも出来ますので、郵便局の人と相談して決めるといいでしょう。

スポンサーリンク



・ネットオークションに出す:
切手をコレクションしている人は昔と比べて少なくなった印象ですが、それでも現在も切手コレクターはたくさんいます。
そのコレクターの人たちはネットオークションをチェックしていて、探していたものや価値があるものを見つけると落札します。オークションに出してみると、もしかしたら思いがけなく高額に変わるものがあるかも知れません。

そして、オークションをよく見てみると支払いのところに「切手可」と書いてある場合があります。何かをオークションで落札した時にも、支払いで古い切手が使用できます。

・金券ショップに売る:
少し前までは古い切手は買い手が少なかったので、金券ショップでも買い取ってもらえないことがありました。しかし最近はコレクターがまた徐々に増えているので、「古い切手を買い取ります」と宣伝しているお店があります。
ネットで探すと出てきますし、郵送で買い取りをしてもらえるお店もあります。額面より少し値は下がるかもしれませんが、買い取ってもらえば無駄にはならないと思います。

古い切手は使える?

古い切手を交換したり売ったりしないで使いたい場合もありますよね。私もお手紙や絵葉書を出す機会が時々あるので、使えたら新しいものを買わないでコレクションしていたものが使いたいと思いました。そこで調べてみたら、使えるそうです。

戦後に発行された記念切手や通常切手は、使用期限がありません。金額が消えていなければ今でも郵便などで使えます。少々劣化していても大丈夫のようです。
しかしコレクションの中にある切手は、未使用品だけとは限りません。
使用済みの切手でないことを確認したうえで、古い切手を使いましょう。
そして古い切手には大きさが現在の物より大きい場合もあるので、貼る時には宛先や相手の名前が隠れないように気をつけて下さい。

同じように切手をコレクションしたことがある人や、切手に興味を持っている人へのお手紙やはがきに古い切手を使用すると、とても喜こんでもらえるかもしれません。

そして、前に「オークションに出す」「オークションの支払いに使う」と書きましたが、何か別の物をオークションに出した時にその発送方法をゆうパックにしたら、窓口でゆうパックの料金を切手で支払うことも出来ます。


YouTube 記念切手買取価格.jp|記念切手の買取の価値について


YouTube 昔の切手・コイン

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ