印鑑の簡単な掃除方法とは?

スポンサーリンク

34e776df81dcfe99c4d15d063f9e63b9_s

引っ越しや車の購入、宅配便の受け取りなどあらゆるシチュエーションで使う印鑑は、何回も買い替えるものではなく長年同じものを愛用しますよね。

実印などでは長持ちする素材を選ぶと、お値段も安くはありません。
しかし使った後にティッシュで拭きとっているのに、どうしても汚れが気になってきます。この汚れを落とす方法を調べました。

印鑑はどうして汚れるの?

久しぶりに印鑑を出して使おうとしたら、なんか汚れがめだつときってありますよね?
人前で使うときはちょっと恥ずかしいです。

反対に、少しも汚れていない高価な実印を使う時は、気持ちが良く背筋もピンと伸びます。
あの印鑑についている汚れの原因は、朱肉の汚れと使った後に拭いたティッシュが付着した汚れなのです。
汚れたまま放置しておくと、印鑑の傷みが進むかもしれません。買い替えるにしても、いいものはとても高価です。

印鑑の汚れに気付いた時には、掃除が必要です。
そして保管には印鑑ケースは使っていますか?
きちんと印鑑をケースに入れて保管しないとお部屋のほこりやゴミも一緒に付着して、ますます汚れがひどくなります。

印鑑の掃除ってどんなことをすればいい?

それではさっそくここで、印鑑の掃除方法を紹介します。
まず最初に、印鑑を使用した時には必ずティッシュや柔らかい布などで、残った朱肉を拭き取ることが必要です。
朱肉の油分が印鑑に残ると、印鑑が黒ずんだり傷む原因になります。
出来るだけ汚れを残さないようにするために、使った直後に朱肉を拭き取る癖をつけましょう。

長年の汚れが残った印鑑の掃除方法


①歯ブラシで掃除:
印鑑掃除用のブラシを、ハンコ屋さんやネットで購入することが出来ます。
しかしこれが無ければ、毛先が柔らかいタイプの歯磨き用の歯ブラシを使っても大丈夫です。
このブラシに石鹸をつけて軽くこすります。強くこすると傷む事があるので、気をつけて下さい。最後に乾いた柔らかい布でよく水気を拭き取ります。

②輪ゴムを使う:
輪ゴムの摩擦を使った掃除も、効果的です。
中指と人差し指に輪ゴムを巻いて、その巻いた面で印鑑を軽くこすって掃除します。
この方法は気軽にできますし、付着したゴミやほこりがよく取れます。

スポンサーリンク



③ゴミトールを使う
シャチハタ製の「ゴミトール」という商品があります。印鑑の汚れやほこり・ごみの付着が気になった時に使うと汚れが落ちます。
スタンプ台のようなケースの中にゴム状の粘着性のあるものが入っていて、ここに朱肉をつけるときのようにポンと印鑑を押します。
ちょっとした汚れはすぐに落ちると評判です。

この3つの方法でだいたいの汚れを落とすことが出来ます。しかし長年の頑固な汚れがどうしても落ちなくて「気になる!」というときには、お近くの印鑑の専門店に相談してみましょう。印鑑掃除用の洗浄液できれいに掃除をしてくれます。

保管の仕方にも注意しよう

印鑑の掃除の方法は歯ブラシや輪ゴムを使って出来ることがわかりました。きれいにしたら、正しい方法で保管が出来ているかを確認することも必要です。

印鑑をテーブルの上や引き出しの中に、ケースにも入れないでそのまま置いている人がいます。
使うときにその方が取り出しやすくて便利なのかもしれません。
しかしそれではすぐに傷んでしましますし、汚れます。
専用のケースにそれぞれ入れて保管します。そして印鑑を掃除するときにはこの専用ケースも掃除しましょう。

そして保管場所としては直射日光は避けます。
高温の場所では変質するものもあります。
エアコンの風が直接当たる場所でも、乾燥により印鑑が傷む場合があります。
逆に水気が苦手な材質の印鑑もあるので、湿度が高い場所も良くありません。
涼しく直射日光が当たらないお部屋の箪笥の引き出しなど、1日を通しての温度の変化が少ない安定した環境に保管します。


YouTube 裏技 輪ゴム一本でできる!印鑑の掃除方法


YouTube 判子ができるまで

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ