北極星はどこにあるの?簡単な見つけ方をご紹介。

スポンサーリンク

WS000002
北極星は、よく夜に方角を確認する時の目印にされますね。それは、いつも真北にあって、動かないからです。

他の星は動くのに、北極星が動かないのはなぜ?どれが北極星? 北極星について調べてみました。

北極星とは?

WS000003
北極星」と星の名前がついていますが、実は決まった一つの星の名前ではありません。現在北極星と呼ばれている星は「こぐま座α星のポラリス」で、数千年後には別の星が北極星になります。

地球は、北極と南極を結ぶ線を1本の軸として、西から東へ回転しています。1日に約1回転していて、そのことを「自転」、その軸を「自転軸」と言います。

自転軸を北極方向から伸ばしたところを「天の北極」、南極方向から伸ばしたところを「天の南極」といい、この自転軸の近くにあればあるほど、その星は動かないように見えます。

北極星は、この天の北極のそばにあるため、動いていないように見えるのです。カメラを北に向けて固定し、長時間かけて撮影すると、北極星は動かず、回りの星が北極星を中心に円を描いて回っているのがわかります。

実際には、天の北極より1度ほどずれたところにあるので、ごく小さく回っています。

地球の自転軸も、円を描いて回っています。この自転軸がほんの少しずつぶれていくため、現在北極星と呼ばれているこぐま座α星のポラリスより天の北極に近づく星がいずれ現れます。

西暦4100年頃にはケフィウス座y星が、西暦6000年頃にはケフィウス座β星が最も近い星になると計算されています。それまでの間は「北極星」=「こぐま座のα星ポラリス」となります。


どうやったら北極星を見つけることができる?

北極星の見つけ方で一番よく知られているのが、北斗七星を目印にする方法です。北斗七星はひしゃくの形を形作る7つの明るい星でできています。

この7つの星のうち、ひしゃくの先端にあるおおぐま座α星(ドゥーベ)β星(メラク)を見つけてください。この二つの星の間の距離を5倍したところにあるのが北極星です。
WS000004
北斗七星が季節や時刻によっては沈んでいて見えないことがあります。そんな時にはカシオペア座を目印にする方法もあります。

最も簡単なのは、方位磁石を使うことです。これを使って北がどちらかわかれば、その方向の上の方を探してください。北極星は非常に明るい星なので、すぐ見つけることができます。

または、星座早見盤を使っても見つけることができます。日付と時間の目盛を合わせると、その日時の星空が表示されます。教材用なら500円以下で購入できるようです。
スポンサーリンク


YouTube:北極星と流れ星

そもそも、星座って何?

星をいくつかつなげて何かの形に見立てたものが星座です。紀元前3000年頃には、メソポタミア地方(今のイラク付近)に住んでいたシュメール人たちが、星の並びを神話や生き物に見立てていたようです。

紀元前8世紀には36個の星座がありましたが、その後ギリシャ神話などとも結び付けられるようになり、16世紀には48個になっていました。

その後、航海技術の発達によりそれまで観測できなかった地域にも行けるようになると、さらに星座の数は増えて行きました。現在では地球から見えるすべての天体を88の境界線で区切り、その境界線内にある星座はひとまとめにする、という方式になりました。

そのため、88星座とされています。それ以外は非公式とされ、たとえば北斗七星は星座ではなく、おおぐま座の一部とされています。この方式によって、それまであった36星座がほかの星座内に組み入れられています。

また、星座名にα(アルファ)やβ(ベータ)がつくのは、その星座内での光の強さの順番です。北斗七星の先端にある「おおぐま座α星」はおおぐま座の中で最も明るい星ということになります。

この88星座のうち3星座は日本からは全く見えません。さらに11星座はごく一部の地域だけで見ることができます。また、高度の低い位置にある星座は大気の影響を受けやすく、気温が低いほど見えにくくなります。計算上は日本中で見えることになっている星座でも、実際には九州や沖縄でしか見られない星座もあるそうです。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ