包丁の安全な捨て方とは?

スポンサーリンク

f61ecae8105ebe99aa9da1975cfdce89_s

新しいキッチン用品を買った時に、古くなったものの処分に困る事があります。

処分を後回しにすると家の中は不用品だらけになります。
大きい物は比較的早く処分しようとするのですが、包丁やナイフなどの小物は引き出しにしまいっぱなしで忘れてしまいます。
包丁はそのまま他のゴミと同じビニール袋に入れて捨てると、とても危険です。

包丁はどうやって捨てるのか、知っていますか?


包丁はどのように捨てると良い?

日常でよく捨てる生ごみやペットボトルなどと違って、調理器具は捨て方がわからなくて使わなくなったものもそのままキッチンの片隅に放置されることがあります。

特に不要になった包丁は、ビニール袋に適当に入れて捨てるわけにはいきません。
ゴミ捨て場でそれを子供が見つけてイタズラをしたら大変ですし、犯罪に使われる可能性だってあります。
では不要になった包丁は、どこで捨てることが出来るのでしょう。

① 家庭ごみとして自治体に回収してもらう
包丁は「燃やすごみ」や「プラごみ」などと同じように、家庭ごみとして回収してもらう事が出来ます。
ただし金属扱いの自治体が多いのですが、大きさによっては粗大ごみの扱いになる場合があります。

一般の家庭ごみなので、出す時にはそのままビニール袋に入れてゴミ捨て場などに置いておくと大変危険です。家庭ごみとして出すときは次の事に注意が必要です。

・包丁がむき出しにならないようにする
・中身が包丁であることをわかりやすく示す


先ず包丁がむき出しにならないために、包丁の歯の部分を2枚のガムテープで覆います。
こうすると包丁の歯が効きません。
しかしこれだけではまだ安全ではないので、包丁を厚紙や段ボールなどで挟んでガムテープでぐるぐる巻きにします。

スポンサーリンク



厚紙などで巻くから歯にガムテープを貼る工程を省くと、収集作業中に厚紙が落ちて歯がむき出しになる可能性があって危険です。また、ガムテープでぐるぐる巻きにする時にも、包丁の柄と厚紙をしっかり固定されているか確認をします。

そして捨てる時には、中身が包丁だと表示をする必要があります。

家庭ごみはあらゆるものが捨てられており、その中の決められたものだけを回収します。
袋に入っているものが外から見て何かわからない時は、回収作業をする人は袋を開けて確認する場合があります。
包丁とは分からずに急いで作業をするので、怪我をする場合があります。

そのような手間や危険な目に合わせないために、このごみが包丁であることをきちんと示します。
テープや紙でぐるぐる巻きにした部分に、マジックで大きくはっきりと「包丁」「危険」などと書いておきます。

包丁のゴミの分別の仕方は、暮らす自治会によって取り扱い方が違います。ゴミ収集に関するチラシで確認するか、直接電話で確認をしてから出すと安全です。

② 不用品回収業者に引き取ってもらう
自治会のゴミ捨て場に出すと、誰かにイタズラされないか心配だと考える人もいます。その場合は不用品回収業者に引き取ってもらう事をおすすめします。

包丁を取り扱っている回収業者は数多くあります。車で直接引き取りに来てくれるので、家庭ごみに出すときのようにガムテープや厚紙でぐるぐる巻きにする作業はいりません。

直接業者さんに手渡しできるので、安心です。また、回収業者に宅配便を利用して送ることも出来ます。
業者によっては送料を負担してくれるところもあるので、良さそうな会社が見つかったら電話などで確認をしてみましょう。

まとめ
いかがでしょうか?
包丁は家庭ごみとして、各自治会が回収してくれます。出すときに危険が無いようにガムテープや厚紙でぐるぐる巻きにするなどひと手間かければ安全に出す事が出来ます。

それでも心配な人は不用品回収業者に依頼をしたら、手間もかからず他人に危害を与える心配が無いので安心です。不用品の回収業者に依頼をするなら、ついでに他に物置に眠っている不用品や粗大ごみを一緒に処分が出来て便利です。


YouTube のこぎりなどの刃物の捨て方 | 横浜市のごみの分別

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ