加齢臭はどんな臭い?娘に臭いと言われないためには…?

スポンサーリンク

af7f4ca643311efb03065dbbc4dc7ef9_s

加齢臭、いいイメージはありません。「加齢」「臭い」もう嫌な言葉の集まりでしかないこの言葉、以前はあまり知られていなかったものが2000年以降、すでに昔からある言葉のように日常的に使われるようになった言葉です。

そろそろ気になるお父さんたち、対策を講じてみましょう。


加齢臭には原因物質があります


加齢臭は汗などによる臭いとは違います。加齢臭の原因物質は「ノネナール」と言います。

某大手化粧品メーカーが発見したもので、体にもともとある物質ではありません。

毛穴の中の皮脂腺から分泌される酸が酸化し分解されることによって発生するものです。

また、体内の活性酸素も加齢臭に大きくかかわっています。

年齢が上がるにつれて、活性酸素を抑える力が弱まってくるので、どんどん活性酸素が増えていきます。

そうすると過酸化脂質も増加し、酸の酸化が止まらない状態になってしまいます。

結果としてノネナールの発生を手助けしてしまうのです。

表現としては、「油っぽい臭い」が一番聞かれるようですね。

他にも「青臭い」「チーズ」「古本」などの表現もあるようで、お世辞にもかぐわしいとは言えない臭いですが、自分の臭いは鼻が慣れてしまっているので、なかなか自分で気が付くことは難しそうです。



加齢臭がしていると判明!さて対策はどうしよう


いつもきれいにしているつもりでも、ある日娘さんからの衝撃の一言「パパ、臭うよ」がお見舞いされた日にはガックリしてしまいますよね。

さて、このままどんどん臭う親父になるのか、臭いをなんとか消してかっこいいパパに戻れるか。

実はあまり加齢臭が臭わない男性もいます。

「加齢に伴う皮脂の増加」は少々いたしかたないのかなとも思いますが、「加齢による活性酸素の増加」は対策できるそうです。

まずは食生活の見直しです。お肉中心の食事が多くありませんか?

脂の多い食事は臭いを強めているかもしれません。

脂肪は臭いのもとになるを作ります。

お肉以外でも、卵黄やマヨネーズの摂りすぎも注意しておきたいところです。

また、アルコールも臭いが強まる原因になります。

連日飲みすぎるようなことがないようにしましょう。

スポンサーリンク



アルコールは肝臓で分解される際に活性酸素を生み出してしまいます。

基本は野菜中心。緑黄色野菜は積極的に食べましょう。

ビタミンC、ビタミンEには抗酸化作用が期待できます。

抗酸化作用で、活性酸素を抑えることができます。

脂っこいものを控え、野菜を食べる。和食が一番いいかもしれませんね。

他には運動不足、不規則な生活、タバコなども原因になると言われています。

日頃不摂生していると、いつしか臭う親父になってしまいます。




女性だって安心できない!


中年男性というイメージの加齢臭ですが、女性も臭わないわけではありません。

女性の場合でも原因や対策は一緒ですが、なぜ男性のイメージになったのでしょうか。

どちらかというと男性のほうが、ノネナールが発生しやすい状況が揃っているためです。

脂っこいものが好きだったり、飲み会などでアルコールを多く飲んでしまう機会が多くあります。

女性も同じような生活をしていたら加齢臭がしないなんて保証はありません。気をつけましょう。


ノネナールが発生しやすい場所


加齢臭がする部分としておなじみの襟もと。

やはり耳の付け根や首、後頭部などは要注意の場所。

そして汗を流す程度のシャワーでは流しきれないノネナール。

石鹸を使い、しっかり毛穴の汚れを落とす勢いできれいに洗いましょう。

案外、「オヤジ」なイメージの人からよく独特の臭いがする気がします。

イメージから加齢臭を想像させないためにも、常に清潔感のある格好でみだしなみを整えておきましょう。

そして食事や運動を少しずつ取り入れて、活性酸素を増やさないように心がける。

アンチエイジングは女性だけのものではないのです。規則正しい生活や食生活の見直しで、ご自身も若返ってください!

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ