出産内祝いの金額の相場は?【知っておきたい!】

スポンサーリンク

33853279eb07e6dbf58d2a50541d5d22_s

子供が生まれると、何かとお金がかかりますよね。

限られたお金の中で、上手に節約しながら子育てしていきたいものですが、日頃お世話になっている方へのお礼、

たとえば出産内祝いなどを出し渋ると、周りから失礼な人、常識のない人と思われて、あとあと人間関係にまで悪影響を与えることになります。

せっかく生まれた赤ちゃんのためにも、ここは世間一般の相場をきちんと知ったうえで、相手に失礼のない金額のものを贈りたいものです。

そのために今回は、最近の出産内祝いの金額の相場について、お知らせいたしましょう。

出産内祝いとは


お金の話をする前に、まずは出産内祝いの意味について理解する必要があります。

そもそも出産内祝いとは、子供が生まれた喜びを込めて、親類、友人、ご近所の方へと配る、内輪のお祝いでした。

しかし近年は、出産祝いをくれた人に対してのお返しの意味も含むようになってきています。



金額の相場は


出産内祝いを、いただいたお祝いのお返しと捉える場合、いただいたお祝いのだいたい3分の1から2分の1の金額が世間一般の相場になっているようです。

つまり、出産祝いで1万円のものをいただいたら、出産内祝いは3000円~5000円のものを贈るということですね。

目上の方に対しては高価なものを贈ると失礼に当たるので、3分の1程度の金額に抑えておいた方が良いかもしれません。

値段がわからない時は、一律にする手もある


いただいたお祝いの値段がわからない場合は、どうしたら良いのでしょうか。

この場合は同じ商品のものを、ネットで検索して値段を調べるか、もしくは、いっそのこと出産内祝いの品を一律にするという手もあります。

これならまとめて同じものを買えるので、決めるのがラクですよね。

出産内祝いに人気の商品とは


さて、金額の相場はわかっても、いざ贈るとなると何を贈ればいいのか迷いますよね。

出産内祝いの定番といえば、お菓子かタオルを贈る方が多いようですが、最近は、ギフト券やカタログ商品券などが、一番人気があるそうです。

これなら金額に応じて、相手に好きなものを選んでいただけるので、贈る側も贈られる側も、両方にとって良いですよね。

贈り物の基本は、相手に喜ばれるものを贈ること。

ぜひ相手に喜ばれる出産内祝いを贈って下さい。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ