出産内祝いのお礼状の書き方【感謝を伝える】

スポンサーリンク

19b28e92f357bc3ed27c9284f86cdda8_s

初めての出産・育児は、何もかもが初めてのことばかりで大変ですよね。

たとえば、出産内祝いのお礼状も、何を書いたらいいのかわからなくて、悩んでいる新米ママさんも多いのではないでしょうか。

お礼状というのは、ある程度の基本の形式さえ押さえておけば、難しく考えなくても書けるものです。

そこで今回は、出産内祝いのマナーも含めて、知っておくと役に立つ「出産内祝いのお礼状の書き方」について、お教えいたしましょう。


出産祝いをいただいたら、まず電話でお礼を。


出産祝いをいただいたら、まずは電話でお礼を伝えましょう。

それから3日以内に、お礼状を出しましょう。

感謝の気持ちは、出来るだけ早く相手に伝えるのがマナーです。

お礼状を書く時のポイント


お礼状を書くときのポイントは、以下の「お礼状の流れ」をおさえて、文章を考えるとスッキリまとまります。

例文も合わせて載せますので、参考にして書いてみましょう。

基本を押さえつつ、送る相手によっては文面を変えるのがコツです。

 「お礼状の流れ」:<例文>
(頭語、時候の挨拶):拝啓、初夏の候

(相手の健康を気遣う言葉):○○様におかれましては益々ご健勝ことと存じます

(出産祝いのお礼・感想):このたびはお心遣いありがとうございました。

(子供の性別、名前、読み方):長女○○は△△という願いを込めて命名しました。

(今後のお付き合いをお願いする言葉):近いうちに長女を連れて、ご挨拶に伺います。今後ともご指導のほど宜しくお願い申し上げます。

(結語):敬具

(夫婦連名で署名):鈴木□男、○子

感謝の気持ちを伝えるのが第一


最後にお礼状を書くうえで一番大切なことは、感謝の気持ちを伝えることを第一にすることです。

赤ちゃんを授かることのできないご家庭や、送る相手の状況により、ストレートすぎる喜びの言葉が相手を傷つけてしまう場合もあります。

また「お返し」という言葉は、お祝いをもらったからお返しをするというような義務的な印象を与えるので、使用してはいけません。

このようにマナーを守りつつ、くれぐれも送る相手への配慮を忘れずに、感謝の気持ちが伝わるようなお礼状を書くことを目指しましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ