冷蔵庫の水抜きをする方法とは?

スポンサーリンク

0fa31824fc53b67bbf840373a789d8c9_s
引っ越しをしたことがある方はご存じだと思います。冷蔵庫の中を極力空っぽにして、水抜きしておかないといけないのです。

そうしないと・・・冷蔵庫はまっすぐ立てたまま運ぶのが基本ですが、難しい場合がありますし、運んでいる間に水がこぼれては新居を汚しかねません。

でも、冷蔵庫の水を抜くってどうしたらいいのでしょうか。

水抜きの前の準備をしましょう。


水抜が必要な一番のシーンはやはり引っ越し。引っ越しの前の日、少なくとも寝る前にはコンセントを抜きます。電源が入っていると、しっかりした水抜きはできません。

コンセントを外せば当然電気が冷蔵庫に行きませんので、冷却機能が働きません。中にある食材は前日までになんとか食べきることがいいです。

野菜などは少しくらい常温放置でもいいかもしれませんが、牛乳やヨーグルト、肉類などは常温では不安なもの。

一番ベストなのは食べ物を残しておかないことですが、どうしても残ってしまったらクーラーボックスなどを活用してください。

遠方へ引っ越す場合は、宅配便のクール便をお願いするというやり方もあるそうです。

とにかく冷蔵庫は空っぽにしてコンセントを抜きましょう。製氷の水も出しておいてくださいね。

水抜きします。冷蔵庫のタイプを見てみましょう。


冷蔵庫の水受けがどこにあるかを探しましょう。もちろん取扱説明書があれば見てみればすぐにわかります。だいたいが二つのタイプにわかれています。

・水受け用のトレイが冷蔵庫の下にあるもの設置されているもの
・水受け用のタンクが取り付けられているもの

さぁ、お宅の冷蔵庫のタイプはどちらですか?

水受けタンクなら、だいたい背面を見てみると見つけることができるかと思います。

まずは下に水受けのトレイがあるタイプは前面から引き出しのように引き出して水を捨てればOKです。

しかし、水受けが浅いトレイなので急いで乱暴に引っ張り出すと水がこぼれることがありますので、ゆっくり引き出してください。

たまに背面から引き出す冷蔵庫もあるようですので、冷蔵庫の下はきちんとチェックしてみてください。
スポンサーリンク


タンクタイプの場合は少々大変かもしれません。可能であれば引っ越し業者さんのほうが慣れているかもしれませんので無理せずお願いしてみてください。

機種によってはドライバーが必要なものもあります。タンクの蓋を外して流しだすというやり方のものは特に大変ですので、ケガをしないためにも慣れた人に手伝ってもらうのが一番です。

コンセントを抜き、水受けトレイもしくはタンクの水を捨て、冷蔵庫の中を拭いておく。これで冷蔵庫の水抜は完了です。水を捨てたらトレイやタンクはまたあった場所に戻しておきましょう。

まだ水が庫内に残っていた場合、トレイやタンクがないと結局トラックや新居を汚してしまうことになります。

業者を使わずに自分で引っ越しをする場合も、必ず水抜きしてから運びますので、その場合は慎重に行ってください。

最近は霜が庫内にたまるということも少なくなりました。冷蔵庫の性能が進化しているんですね。

霜がつかないような機能がついているわけです。しかし古いタイプの冷蔵庫で霜とり機能がついていないものがあります。

早めにコンセントを抜き、霜のついている冷凍庫にタオルなどを入れて溶け出した水をしみこませて取り出してください。

無理なことはしない。引越し業者にお願いするのも一つの方法


冷蔵庫の水抜きが必要だと言われることは、おそらく引っ越しなどで冷蔵庫を動かさなければいけなくなった場合だけだと思います。自分でする自身がないことは、可能であれば引っ越し業者にやっていただけるか確認しましょう。

引越し業者は何度も引っ越しの一連の作業をやっていますので、冷蔵庫の扱いもわかっています。

また、やり方がどうしてもわからなかった場合も必ず業者さんに伝えましょう。だまってそのまま運び始めると家や家具が汚れてしまうこともあります。

ちなみに、冷蔵庫を動かしたらすぐに電源をいれないようにしてください。冷蔵庫の内部にある冷却のためのオイルやガスが運んだ時に動いてしまい、安定していません。一時間くらいしてから電源を入れてくださいね。

普段からこまめに冷蔵庫の水抜きをする必要はないと思います。しかし、冷蔵庫を動かす時にはきちんと行うこと。きれいに冷蔵庫を移動させるために必要な作業ですので、お忘れなく。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ