人のせいにするのは何かの病気?

スポンサーリンク

d5216d13e124761ed60344c51eedd23f_s

人間、誰でも自分が間違っていると認めるのは多かれ少なかれ抵抗があるものです。

自分が冷静になったとき、「自分も間違っていたんじゃないか」「明日相手に謝ろう」という気持ちがやっとでてくる、なんて方も多いでしょう。

しかし、自分の非を絶対に認めない、なんでも「ほかの人が○○だからいけないんだ」という考え方ばかり・・・そんな方周囲にいませんか?

もしかしたら病気である可能性もあります。病気なのであれば、相手と接するときに理解を示してあげることができます。性格だけでは推し量れない、「心」のお話です。


「新型うつ病」って知っていますか?


「うつ病」という病気はご存知かと思います。思い詰めがちになり自分の殻に閉じこもってしまったり、自分ばかりを責めてネガティブになってしまったり、どんどん心が落ち込んでしまったり・・・。

「新型うつ病」というのはやはりネガティブになるというところは共通しているのですが、殻に閉じこもってしまうのは「自分がやりたくないこと」があるときのみ。

自分がやりたいことについては積極的に行うことができるといいます。

新型うつ病は、自分のやりたいこと、やりたくないことによってはっきり態度が変わってしまうため、誤解を受けやすいうつ病だといわれています。

新型うつ病の特徴としては、この病気になると生活習慣の関係でどうしても太りがちになるといいます。というのは、うつ病が夜を嫌がるのに対し、新型うつ病は夜がとても好きになるのだそうです。

夜になると元気に活動するので、食事も夜に摂ります。しかし夜にできることはなかなか限られていて、結局体をたいして動かすこともなくテレビやラジオ、インターネットなどで時間を潰してしまい、また朝になると活動できなくなるので寝てしまう。

こういった生活が長く続くことにより、少しずつ太っていく方が多いようですね。

そして、この「新型うつ病」のもうひとつの特徴として「自分は間違っていない」「自分が失敗したのはほかの人のせい」「自分が失敗したのは周りの人が助けてくれなかったせい」と考えることなのだそうです。

自分は悪くないと思い込んでいるので、周囲に過剰に怒ったり当たったりするようになってしまい、周囲にあまりいい印象は持たれません。
新型うつ病が疑われる場合、医師に相談しましょう。

スポンサーリンク



「自己愛性人格障害」の可能性


新型うつ病のような症状は見られないのに、「自分は悪くない!」といつも思っている方は、もしかしたら「自己愛性人格障害」なのかもしれません。

誰でも自分が可愛い。これは否定できません。

しかし、ものには限度というものがあり、あまりにも自分本位で物事を考えたり、自分を大きく考えすぎたりすると、この「自己愛性人格障害」というものになってしまうといいます。

いろいろな症状があり、基本は「自分は特別、自分が中心、悪いことは人のせい」という感じです。

「自分は特別」
・自分と他人を比較し勝つことに執着があり、自分への賞賛を求める。
・半面、常に他人を下げようとし、批判が多く協調性もない。
・他人の成功は非常に面白くなく、人の不幸が嬉しい。嫉妬深いのですが、認めない。
・自分の目的を達成するために他の人を利用する。

「自分が中心」
・思いやりもなく、空気も読まない。プライドもかなり高く、尊大な態度。
・他人同士が自分抜きで仲良くするが嫌。
・自分に都合にいい人とばかりしか付き合わない。
・人の価値を、年収・学歴・資産などで考える。
・人を見下し、「人は人」「人それぞれ」とは思わない。

「悪いことは人のせい」
・絶対に謝れず、自分が悪いという発想自体もない。
・ご機嫌取り以外では絶対に人を褒めない。

などの特徴があるようです。
この障害は治療することができます。

しかし、自分と向き合わなければいけないので精神的に不安定になることがありますので、専門医に相談しながら治療を進めていきましょう。

どちらの病気も、家族や周囲との関係が影響しているといわれています。

新型うつ病は家族関係の希薄さ、自己愛性人格障害は親から押し付けられた夢やイメージに縛られることで発症することが多いという説があります。

思い当たることがある方はそのような話も盛り込みながら医師と話をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ