七五三の初穂料ってどうしたらいいの?

スポンサーリンク

481400489d8d7d9b607da4e81ade3399_s
七五三が近づいて来ましたね。大切な我が子の成長を願って、神社でご祈祷をあげてもらう人は大変多いでしょう。

となると、ご祈祷料のことが気になりますよね。いくら位払えば良いのか、どんなタイミングで払うのか、など色々調べてみました。

七五三の初穂料って何?

神社で祝詞をあげ、お祓いをお願いした時の謝礼のことを「初穂料(はつほりょう)」と言います。

初穂とは読んで字のごとく、その年最初に取れた稲などの農作物のこと。昔は農作物を儀式の際に供物として奉納していたのですが、その代わりとして金銭を納めるようになったのです。

同じような言葉に「玉串」があります。元は参拝者や神職が神前に供える、榊の枝に紙垂(かみしで)をつけたもののことでした。現在は初穂とほぼ同じ意味で使われていて、七五三のご祈祷料として「玉串料」を使ってもかまいません。

のし袋の書き方はどうしたらいい?

神社で正式なご祈祷を受ける際に渡す謝礼は、白と赤の蝶結びののし袋に入れるのが正式ですが、白封筒でもかまいません。
WS000001
下の部分には、お子さんの名前を書きます。フルネームで書いたほうがよいでしょう。兄弟姉妹で一緒に祈祷を受ける場合は、連名にします。

また、地域によっては名前の左側にお子さんの年齢を書き添えるところもあります。確認しておきましょう。

文字はできれば筆ペンなどで書くと良いのですが、今では雛形をパソコンからダウンロードできますから、その際に名前も入力してしまっても特に問題ありません。

中袋には、祈祷を受けるお子さんの住所氏名、祈祷料の金額を記入します。今は市販ののし袋にあらかじめ記入欄が印刷されているものが殆どなので、そのまま記入すれば良いでしょう。字に自信がない人は、色々な用途に使用できる住所のゴム印を一つ作っておくと重宝します。

金額は、正式には以下のような数字文字を使います。
一二三四五六七八九十千万円
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
壱弐参四伍六七八九拾阡萬圓

ただ、書き慣れない字でバランスが取りにくいですから、普通の漢数字でも問題ありません。

初穂料を持って行く時は、のし袋が汚れたり折れたりしないように、ふくさに包みます。

初穂料の相場はどれくらい?

地域によって多少違いますが、大体の相場は5,000円~10,000円です。

神社によっては金額を明示してあるところもありますので、ホームページがあれば確認しましょう。祈祷の予約の際に額を教えてくれるところも多いです。

ホームページがなかったり「お気持ちで」と言われた場合は、上記の相場内で決めれば良いでしょう。

もし明示してある金額が1つではない場合、祈祷後にいただける授与物が違うことがあります。こちらも電話で確認しておきましょう。授与物はお守りや千歳飴、文房具などが多いようです。

なお、中に入れるお札ですが、必ずしも新札でなくてもかまいません。ですが神様にお願いをするのですから、ボロボロだったり破れているお札は大変失礼にあたります。アイロンをかけるなどして、少しでもきれいな状態にしてから封筒に入れましょう。

お札を入れる時は、表側の人物が上になるようにして、中袋の表面(おもてめん)から入れます。
スポンサーリンク


どんなタイミングで渡せばいいの?

神社についたら「社務所」で受付をします。祈祷の申込書があればそれに記入して、なければ申し込み方を確認して下さい。

その用紙を提出する際に、ふくさからのし袋を出し、初穂料も一緒に渡すようにします。

有名な神社では申込者が非常に多いので、七五三用の専用の受付や控所が出来ています。祈祷までかなり待たされることもあるので、出来るだけ平日に行くことをお勧めします。

他に気をつけることはある?

元々は11月15日におこなわれる行事でしたが、特に有名な神社の場合15日前後は大変込み合います。そのため10月中旬以降の土日祝日や吉日にお参りする人が増えています。

大混雑の中長時間待たされるのは大人でもつらいものです。ましてや、着慣れない着物や服、草履をずっと着て、砂利道の参道を歩かされたら子供は疲れて機嫌が悪くなってしまいます。

また、込み合うと行事が段々遅れて来て、予定の時間から大幅にずれてしまうこともよく起こります。祈祷のあと写真館やレストランなどの予約を入れておく人が多いと思いますが、15日前後は祈祷が1時間ずれることも珍しくありません。

せっかくのお参りですから、お子さんのことを一番に考え、日にちをずらすことも視野に入れましょう。

もう一つ、つきそいである親の服装についてですが、主役はお子さんであることを忘れないようにしましょう。清楚で控えめな感じの色無地や付け下げ、洋装なら落ち着いた色のワンピースやスーツなどが良いですね。

寒い時期だからでしょうか、たまにカジュアルなパンツやデニムに冬用ジャケットを着ている人がいます。高価な服を着る必要は全くありませんが、神様にお子さんの健やかな成長をお願いするのですから、きちんとした服装を心がけましょう。

YouTube:七五三

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ