メイクが崩れる?メガネ女子の悩み

スポンサーリンク

dd49e0bbb1e700ad1f7a4189e298da6d_s

 

眼鏡が必需品だという人は多くいると思います。度が入っている眼鏡はもちろん、伊達メガネだってオシャレで使う方がいらっしゃいますよね。
やはり女性の多くは、外出する時はメイクをするかと思いますが、眼鏡をかけているが故のメイクのなやみもありますよね。
ちょっとしたコツでいいカンジになりますよ。ぜひお試しあれ。

下地は基本!何でもいいわけじゃない。

洗顔後、化粧水や乳液などのスキンケアをした後、ファンデーションの前に塗る下地。

これで化粧崩れが少々変わってきます。皮脂を吸収してくれるようなタイプがいいようですね。

 

鼻の当たる部分がやはり化粧崩れするので、お肌の皮脂の多い方は特にこういうサラッとした下地が有効のようです。

 

アイメイクはきちんと。

近視の眼鏡は目が小さく見えます。だからこそ、目を大きく見せるようなメイクがよいのだそうです。

 

アイラインをしっかりひくこと。まつ毛とまつ毛の間をきちんと埋めるようにちゃんとラインをひきましょう。目尻よりちょっと出るように引いた方が大きく見えるのかな?
目の印象って大事ですよね。眉やアイカラーもきちんとした方がよさそうです。

個人的にはアイカラーは派手すぎない色がいいような気がしますが、これも時と場合によるのでしょう。

まつ毛は量より長さ重視。マスカラはカールタイプなどがいいようです。

 

その他は濃すぎないメイクを。

眼鏡をかけている人はもう印象が「眼鏡の人」。ニュースで事件の犯人の特徴を伝える時にも「黒縁の眼鏡をかけていて・・・」などと言うことがあったり、先日あった人のことを回想して話すときに「ほら、あの眼鏡かけていた・・・」という表現を用いたりしますよね。

 

もう顔の第一印象が「眼鏡の人」なのです。だから、眼鏡はただでさえ目立っています。そこに濃いメイクをすると顔にポイントがありすぎてうるさい印象になってしまいます。
アイメイク以外は薄くメイクすると顔が明るく見え、好感度がいいと思います。特にカラーフレームなどはメイクを薄めにした方がいいようですね。
チークも、丸型の眼鏡の時は頬にふんわりと丸を描くように。眼鏡と合うやわらかい印象になるようです。四角型の眼鏡は頬骨から鼻へ向かってすっと直線的に。知的なイメージがだせます。

 

眼鏡しているからメイクしないのではなく、眼鏡だからこそのメイクを考えて、印象の明るい「メガネ女子」をめざしましょう!

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ