ドーパミンの出し方!分泌してやる気をコントロールできる?

スポンサーリンク

cb7b6f36f19e5d164565afbba080723a_s

あれもこれもタスクが目の前に山積み・・・どうしても今日中にやらなくてはいけないことは分かっているのに気が付くと別のことをしてしまう。

いざ取り掛かろうとしても集中力が維持できず、全然進まない・・・なんてことはありませんか?

筆者はまさにそれでタスクが増えれば増えるほどどこから手を付けていいのか分からなくなり、どんどんその作業から遠のいてしまいます。

子供の頃も始業式の前日に泣きながら宿題をやっていたのを覚えています。

最初から計画的にタスクに取り掛かっていれば順調に作業をこなすことができるものですがやらなくてはならない事からは逃避したくなるのが人間の性ですよね。(筆者だけでしょうか?)やる気スイッチ(?)をなかなか見つけられず、明日やるから~が口癖の方!

ドーパミンを意識的に分泌し、“やる気”をコントロールしましょう。


◆ドーパミンとは?

ドーパミン(dopamine)とは中枢神経系の神経伝達物質で脳内麻薬とも呼ばれており、快楽を感じたり、恐怖や痛みを緩和する働きがあるとされています。
ドーパミンは人から褒められた時、目標を達成した時、何かに感動した時など比較的ポジティブな感情の時に分泌されます。

<関連動画 / 快感物質ドーパミン 01>


◆ドーパミンにはどんな作用がある?

ドーパミンは快感神経系を刺激し、脳を覚醒させる効果があるとされています。ドーパミンが分泌されることによって快感を感じたり、行動意欲が刺激され、やる気が出たりと様々な作用があります。また、更に下記のような良い効果があります。

・集中力が高まる
・頭の回転が良くなる
・発想力が高まる
・運動能力がアップする

◆ドーパミンが原因でギャンブル依存症になる?

ドーパミンはポジティブな作用だけではなく、ギャンブル依存症の原因としても知られています。例えば、過去にパチンコで楽に大金を得た場合に大量のドーパミンが分泌されて快感を感じます。

一度その快感を感じてしまうとその快感が記憶に残り、パチンコ屋の前を通っただけでドーパミンが自然と分泌され、また同じ快感を得ようと無意識にパチンコ店に吸い込まれていってしまう・・・という恐ろしい無限ループに陥ります。

<関連動画 / 2014/05 「依存症はドーパミンが原因」 苫米地さん、今井さん>


◆ドーパミンにはダイエット効果もある?

皆さんは空腹を忘れて何かに没頭している時はありませんか?実はドーパミンには食欲を抑制する効果がある為、何かに集中している間は空腹を忘れることができるのです。よってできるだけ長くドーパミンを分泌させておくとダイエット効果があります。
スポンサーリンク


◆意識的にドーパミンを分泌させるには?

積極的にドーパミンを分泌させるには下記の方法があります。

・低めのクリアしやすい目標を立ててからそれを達成する。
到底達成が難しい目標の場合はやる気が起きないものですがクリアしやすい目標を立てることによって目標を達成したときの嬉しい感情を容易に想像でき、それによってドーパミンが分泌されます。

・恋愛映画を見たり、好きな女優・俳優の写真をみる。
恋をしてドキドキしている時はドーパミンが分泌されると言われていますので相手がいる人は相手を想像したり、シングルの場合は恋愛映画を見たりすることによってドーパミンの分泌を促すことができます。

・自分にご褒美をあげる。
例えば目の前にどうしてもやらなくてはいけないタスクがある場合に、これを終わらせたら美味しいケーキが食べられる、寝られるなど自分でご褒美を設定する事によってドーパミンを分泌し、やる気を出すことができます。

<関連動画 / 勉強する人は『アスリート』と一緒  茂木健一郎がドーパミンを出す方法を語る。>



ドーパミンを味方につければ大変なタスクも効率よくクリアできそうですね。ちなみに筆者は記事の後半になればなるほど頭が冴えてきて記事を早く書き終える事ができますが、いつも最初の一行にいつも苦しみます・・・。

やはりゴールが見えるとドーパミンがドバドバと分泌されるのを実感しました。

筆者のようにスランプに陥っている方は是非今回ご紹介した意識的にドーパミンを分泌させる方法を試してみて下さいね。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ