チュッパチャップスブーケの作り方とは?

スポンサーリンク

bd46c0d0686f9d849f1a44f3cdecaa48_s
バレンタインデーやホワイトデー、お誕生日にクリスマス。お友達同士や恋人同士、お子様などにちょっとしたギフトを送る機会ってありますよね。

そんなときにはちょっと目をひくかわいいギフト、「チュッパチャプスブーケ」はいかがでしょうか。見た目もかわいくて作るのだって簡単。さぁ作ってみましょう!

今更ながらおさらい。チュッパチャプス


チュッパチャプスとは、皆さんご存知のとおり、棒付きキャンディのお菓子です。比較的安価で手軽なため、子供たちにお菓子を詰め合わせてあげる際に入れる方も多いと思います。

もともとスペインで発売されたキャンディで、日本では森永製菓さんが輸入販売を行っています。

大人も子供も大好きなチュッパチャプス。キャンディの包装もかわいいし、フレーバーもいろいろな種類があって、選ぶのも楽しいですね。
(つい「チュッパチャップス」と発音してしまいますが、日本での正式名称は「チュッパチャプス」だそうです)

準備するもの


チュッパチャプスブーケを作っていきます!
準備するもの
・チュッパチャプス(贈りたい本数)
・アルミホイル
・ラッピング材料(包装紙や紙ナプキン、リボンなど)
・輪ゴム
・お好みで造花・生花数本

棒状のものは、チュッパチャプスの持ち手を長くするために使います。丈の短いブーケが作りたい場合には必要ありません。


ブーケを作ります

まず、チュッパチャプスの柄が短いので、アルミホイルを柄に巻き付けながら少し柄を延ばします。チュッパチャプスは頭が重いので、うまくできなければ竹串や小さめのストローを使い、マスキングテープなどで本体の柄としっかりくっつけます。

あとは花束のように束ねてください。お祝いなどでちょっと華やかにしたい場合は造花や生花を混ぜ合わせながら花束のようにして一番下をゴムでとめます。

ゲームの景品的なものにする場合やブーケブルズのように、万が一地面に落ちてしまうかもしれない使い方をする場合には、透明のセロファンなどで飴の部分を覆っておきましょう。

あとはラッピング。花束用のラッピング用紙でなくても大丈夫です。100円ショップに売っている包装紙や紙ナプキン、最近は柄入りのアルミホイルも売っていますし、英字新聞が手に入る方はそれを使うのもいいですね。
最後に一番下にリボンをあしらって出来上がりです。
スポンサーリンク


アレンジ版チュッパチャプスブーケ


チュッパチャプスだけでなく、棒付きのお菓子をいろいろ組み合わせるのもいいですね。
例えばお子さん向け。アンパンマンやペコちゃんなどの棒付きチョコレートを一つ挿してあげると、子供は大喜びです。

このようなチョコレートは包装されていますので、中身を取り出して挿すのではなく、パッケージに竹串をマスキングテープやセロハンテープで貼り付けて挿してあげます。

コツはあまりおおきなお菓子を使わないこと。細目、薄目のお菓子ならラッピングしやすいですよね。
この竹串を使うやり方をすれば、小さな駄菓子などはいろいろ使えますね。

駄菓子屋さんで見かけるイチゴ味の棒付きの飴やペロペロキャンディーのようなものも彩にいいかと思います。

籠や鉢で、アレンジフラワーならぬアレンジスイーツ。鉢などの中に発泡スチロールを入れて、チュッパチャプスなどを挿していくだけ。雑貨屋さんや100円ショップなどでかわいい鉢や籠を見つけたらやってみてください。

チュッパチャプスは今や身近になりすぎていて、スーパーのお菓子コーナーに行っても正直目に入ってこないことが多いのですが、活用次第でかわいいギフトが作れますね。

美味しい既製品お菓子を、ちょっとした手作りでかわいくできるチュッパチャプスブーケ、トライしてみてください。あなたのセンスが生かされます!

メッセージカードをつければ、最高です。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ