スニーカーの防水スプレーで雨の日も安心!

スポンサーリンク

1c9ea34d21efdb20cb59557b8aca14ce_s

雨風の強い日にスニーカーで外出していると、雨水が中まで染み込んできて、靴下までグチョグチョになった経験はありませんか。

靴の中でもスニーカーは、すぐ水が染み込んでくるので厄介ですよね。

しかし、事前に「あること」をするだけで、雨の日にスニーカーが濡れる、あのグチョグチョの不快感を取り除いてくれるのです。

それは防水スプレー。防水スプレーがあれば、雨の日の外出も安心。

今回は梅雨の必須アイテム、防水スプレーについてご紹介いたします。

防水スプレーにはシリコン系とフッ素系がある


防水スプレーには、大きく分けてシリコン系フッ素系の2種類があります。

シリコン系は、スプレーによって全体にシリコンの皮膜を作るため、防水効果が高いのが特徴です。

その反面、通気性がなくなるので、蒸れやすくなるのが欠点です。

それに対して、フッ素系は、繊維をコーティングするので、防水というよりは撥水効果を期待するタイプのスプレーです。

靴の中が蒸れやすいスニーカーには、ぜひフッ素系の防水スプレーを選ぶのがオススメです。


防水スプレーの使用法


防水スプレーは、さっとかけただけでは効果が薄く、全体にむらなく、しっとりとするまで大量にかける必要があります。

さらに効果を発揮するまで、30分以上乾燥させる必要があるので、出かける直前に使ってもあまり意味がありません

また、湿度が高いとなかなか乾かないので、むしろ晴れた日にこそ、まとめてスプレーしておくのがコツです。

梅雨のシーズン前、もしくは梅雨の晴れ間にスプレーしておくと、突然の雨にも慌てずにすみそうですね。



防水スプレーは防汚効果も期待できる。


実は、防水スプレーには水を防ぐだけでなく、汚れを防ぐ効果もあります。

買ったばかりの新しいスニーカーも、下ろす前に防水スプレーでコーティングすれば、いつまでも新品同様の綺麗な状態を保つことができます。

防水スプレー1本で2つの効果があるなんて、これは使わなきゃ損ですよね。

価格も1500円~2000円でお求めやすい値段になっています。

まだ防水スプレーを使ったことのない方は、ぜひスニーカーにお試しされてはいかがでしょうか。

雨の日だって、足元はスニーカーでオシャレに!防水スプレーで、あなたのオシャレ度の幅を拡げて下さい。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ