スニーカーの脱臭、うまくできますか?

スポンサーリンク

ed46b06e88170237339ef949ff91f3ec_s
靴って、すぐにおう・・・そう思う人は多いと思います。

革靴にしろ、スニーカーにしろ、ブーツにしろ、靴はどうしてあんなにもにおうのか。
それは雑菌が非常に繁殖しやすい環境だからです。
雑菌に適度な栄養と湿り気を与える汗、人間が履いている時の体温、これで菌が繁殖しないわけがありません。
靴のにおいとは、雑菌が繁殖する際に出すもの。繁殖させなければにおいはカットできる。
さて、スニーカーですが、よく履いて出かけるという方も多いと思います。汗もたくさんかきます。ジョギングはやウォーキングをたくさんしてきたスニーカー、におわないようにするためには!そうだ、今日はスニーカーを洗おう!

スニーカーの脱臭は汚れ落としから


いい機会です。においと汚れ、両方とってしまいましょう。

汚れは、泥やほこりなどの汚れのほかに汗など人間から付着した汚れもあります。においが気になるからと、消臭スプレーで済まそうとしている方もいらっしゃいますが、根本的ににおいの元を断ち切らなければ同じことの繰り返し。

そこで、この際きっちりきれいにしてしまうのが一番。
さて、どんなもので靴を洗おう。
靴用の洗剤?それとも何かいい洗剤があるかしら?ということで登場するのが、お掃除アイテムでお馴染みの「重曹」です。これはお手軽ですよ。

重曹を使ってスニーカーを洗おう


まず、バケツにぬるま湯(湯沸かし器で出る、40度くらいのお湯)を入れ、スニーカーをその中に沈めます。中敷きなどがありましたら外しておいてくださいね。紐も面倒ですが取り外しておきましょう。紐は靴と一緒につけておいてもいいかもしれません。30分ほどそのままにしてつけておきましょう。

重曹ペーストを作ります。今回は重曹プラス洗濯洗剤。これに水を少しずつ混ぜながらペースト状にしていきます。

30分ほど経った靴をバケツから取り出し、先ほどの重曹ペーストをつけて、歯ブラシや靴のブラシやたわしでしっかり洗いましょう、内側は特に念入りに、ゴムの部分は汚れを落とす程度であまり強くこすらないようにしてください。

紐は洗濯洗剤でよく洗いましょう。よく洗ったらよくすすいでください。

きれいになったスニーカーは陰干し。直射日光は避けてください。水気を切った靴の中に新聞紙を丸めて入れておくと、スニーカーの型崩れを防いだり乾かすときの時間短縮になるそうですよ。

スポンサーリンク



なぜ、重曹は靴洗いにいいの?


油汚れや人間のあか汚れなどは酸性です。
重曹は弱アルカリ性。これで中和させると汚れが浮き出やすくなるのだとか。
そのため、今重曹がお掃除に大活躍しているのです。靴の中の汚れもほぼ酸性でしょう。
弱アルカリ性の重曹は理にかなったお洗濯グッズなのです。

きれいになって乾いたスニーカー、今度はあまりにおいがつかないといいな。そういう場合も重曹の出番。
消臭効果もある重曹を使わなくなったストッキングや靴下などに入れて、家に帰ってきたらそれをスニーカーの中に入れておくといいそうです。もう、消臭スプレーいらないかも!

新品の靴のにおいがダメだという方も、この方法をぜひお試しください。

スニーカーは動きやすくで使い勝手のいい履物。だからこそお気に入りを探して買う方も多いでしょうし、スニーカーをコレクションしていらっしゃる方もおられます。ましてや、自分の足になじんできたスニーカーはできるだけ長く使いたいもの。

お気に入りのスニーカーをいつまでも気持ちよく使うため、ときどきはきれいに洗ってさっぱりさせてあげましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ