ジビエ料理、ちょっと馴染みないけど知っておきたい

スポンサーリンク

d989938f86ce3af463185a5285e76cda_s

ジビエとは、食用目的で狩猟した鳥や獣のお肉。主にフランス料理の食材で出されるようですね。もともとヨーロッパの貴族たちに愛された伝統料理です。もちろん昔は大身貴族しか味わえなかった肉料理でしょうが、今は誰もが口にできるようになりました。
とはいえ、食卓にはなかなか普通に出て来るような食材ではないので、馴染みがうすい人も多いと思います。ジビエ料理とは具体的にどんなお料理なのでしょうか。

 

ジビエの「旬」と「狩猟」について。

ジビエは肉食目的で狩猟されるすべての動物が対象。例えば、日本ではイノシシやシカなどが多いそうですが、狩猟で獲ったキジや鴨のお肉も「ジビエ」です。
動物は冬に向けて栄養を蓄えるため、ジビエの旬は「晩秋~初冬」です。おいしいジビエは期間限定。ただし、安定供給の面から、途中まで飼育されて野に放されたものなどもあるそうです。
また、増えすぎた鳥獣により生態系のバランスが崩れる、農作物に被害が出るなどの面でも捕獲・狩猟される動物もあると思います。そういった動物がただただ殺されるのではなく、お肉がジビエ料理になるということもあるようです。
飼育されている動物ももちろんそうですが、ジビエは大切な命をいただいているという実感が湧くような気がします。

 

野生のお肉・・・先入観でダメ?

野生の鳥獣のお肉・・・なんとなく手が出ない方も多いと思います。やはり普通に飼育されて店頭に並ぶ豚や牛と違い、肉質が固そう、臭いがきつそう、などのイメージもあるかと思います。

しかし狩猟後きちんと血液や内臓を処理したジビエは臭みもなく、食通をうならせるおいしさだとか。むしろ、野山を駆け巡った野生の動物のお肉は、普通のお肉より脂肪が少なく鉄分なのど栄養が豊富と聞きます。
国内にもジビエ料理を出すお店も増えてきました。ジビエはお料理の仕方次第で美味しいお肉になるのだとか。どんどん身近な料理になるのかもしれませんね。
注意点があるとすれば、ジビエは野生の動物のお肉。感染症などの心配もありますので生食はおすすめできません。

お店で「ジビエ」という文字を見て躊躇していた、敷居が高いと思った方。是非食べてみてください。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ