シューズクロークの失敗の原因は?【様々な意見集めました】

スポンサーリンク

085351b5f4bfce267ceee5efdba1c435_s

最近、よく聞く「シューズクローク」。新築のお宅でよく見かけます。

玄関に下駄箱を置かず、戸を一枚隔てたところに家族の靴を置く場所を作り、いつも玄関はすっきり。来客時に玄関で必要なものといえばスリッパと靴ベラくらいですから、あとはすっきりさせておきたいのが本音ですよね。

でも、意外と玄関に置いてしまうものって多いものです。

それをまとめて置いておいてもシューズクロークならお客様の目にも入らずきれいな玄関にしておけます。

普段履きの家族の靴やレインブーツ、傘、子供の三輪車や子供用プール、古新聞、災害時の持ち出し袋、灯油タンク、釣り道具、雪かき用具・・・少し考えただけでけっこういっぱいあります。

お子さんが外で使うものもどんどん増えていきますよね。ウォークスルーで家の中に入ることができたらまた更に便利ですね。

やはり来客に生活感を見せないことが可能になるのがシューズクロークのいいところですよね。

では、作ったけれど失敗だったな・・・という意見はどんなものがあるでしょうか。

シューズクロークで失敗


ウォークスルーのシューズクロークは家族用玄関という感じでとても便利に感じますが、ここからは不便だという意見。

玄関とはいえ扉をつけないと臭いが大変

靴の臭いが一番気になるかもしれませんね。あとは土や砂が家の中に入ってこないとも限りませんので、扉は必須のようです。

物がどんどん増えるので、結果通り抜けできなくなる

しまう場所が増えると溜め込んでしまうという方もいらっしゃると思います。

歩いて通り抜けるスペースをギリギリしか設けなかった場合、生活しているうちに想定以上の物を置くことになって、結局ウォークスルーの機能を果たせなくなってしまうことがあるようです。

必要なスペース+αもしくは棚などをうまく作り、多少荷物が増えても大丈夫なスペースを確保しなければいけませんね。

他にも、ウォークスルーであろうがなかろうが、家を設計する時点で問題になるのがスペースの問題。玄関スペースがその分多くとられてしまいますので、間取りにも影響がでますよね。

そのスペースがあるためにトイレや脱衣所が狭くなってしまったり、他の収納に場所をとれなくなってしまったりということで、家が出来上がって生活してみてから案外不便だったという話や、そもそも家族がシューズクロークを使ってくれないので意味がなかったなどという話もあります。
スポンサーリンク



シューズクロークを有効に使うには


臭いの問題は扉をつけることと消臭剤でなんとかできそうです。

物が増えてウォークスルーが使えなくなるという問題は、スペースを多めにとるか、棚や収納を計画的に作ることにつきると思います。灯油やベビーカー、傘立てなどを置くことを想定して、例えばベビーカーを置く場所を作ったらその上に非常時持ち出し袋や子供の外遊び道具などを置ける棚を設置したり、傘は壁に掛ける場所を作って傘立ては使わないことにするなど、省スペースを考えることで、少しは解消されそうです。

しかし生活していくにつれて棚を上手に作っても荷物は増えて場所が足りなくなってきます。可能であれば、庭などの屋外に物置を置く等の方法もあります。

家族が使ってくれない問題は、やはり意識の問題ですね。家に帰ってきたら靴は片付ける、外で使ったものを玄関に置きっぱなしにしない。お子さんには引っ越し時点で「ここに脱いだ靴を置くんだよ」というふうに教えておきましょう。


シューズクロークがあってもなくても、やはり生活しやすくするためには整理整頓。荷物を置いて散らかしておいていい場所であっても、ある程度はきちんと整頓することが大事。整頓しておけば家族もきちんと活用してくれるのではないでしょうか。

ついつい詰め込んでしまうシューズクローク、せっかく設けた便利スペースですから「失敗だったなぁ」なんて思うことのないように使いたいものですね。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ