ザ・裏ワザ!グレープフルーツの皮の簡単な剥き方とは

スポンサーリンク

508223e244c36dacf57797c767cf2412_s

みずみずしくて美味しいグレープフルーツを、時々食べたくなることがあります。
横に半分に切って食べるのですが、ホテルのデザートバイキングで食べるようにきれいに皮を剥いた状態でパクッと食べたいと思うことはありませんか?
実は自宅でも簡単にレストランのようにグレープフルーツの皮を剥くことが出来るのです。

グレープフルーツって皮が硬くて剥きにくい

グレープフルーツを冬のみかんのようにこたつに入って剥いて食べようとすると、大変なことになりませんか?皮が硬いので剥くときに力がいるしボロボロになるし、やっと剥けたと思っても白いスジがたくさん身についています。
中身を袋から出そうとしても、袋にくっついて実がいくつかに分かれてしまいます。
汁はこぼれるし手もびしょびしょだし、これでは汚くてデザートのトッピングに使うことはできません。

この方法が一番!グレープフルーツの皮が簡単に剥けます

グレープフルーツの皮をきれいに剥く事は子供のころからの長年の悩みであり、もうほとんど諦めモードに入っていました。しかし、探してみると裏ワザってあるのですね。さっそく実践してみましたので紹介します。

<用意するもの>
・グレープフルーツ 1個
・お鍋と沸かしたお湯
・大きめのボールにたっぷりの氷水

まずはお鍋にお湯を沸かして、沸いたところにグレープフルーツを入れて約4分茹でます。
ゆであがったらすぐに氷水に入れて、ここでも4分かけてグレープフルーツを冷まします。
冷ましたら水気を拭いて手で剥いたらあら不思議、簡単につるんと皮を剥くことが出来ました。
そして白いスジやワタもほとんど取れてきれいですし、袋から身を出すときも割れずに1個きれいに出すことが簡単にできました。
こんなに簡単な方法があったとはびっくりです。これならグレープフルーツをデザートのトッピングとして使うことに躊躇はありません。

スポンサーリンク



味にまで変化が

きれいに皮がむける方法があったとは、本当にびっくりでした。子供のころからグレープフルーツは横に半分に切って、スプーンでくり抜いて食べるものと考えていました。しかしこの方法なら、お更におしゃれに盛り付けて食べることが出来ます。

そして驚いたのはこれだけではありません。味にも変化がありました。
酸味と苦味が少なくなって、甘味がとても感じられます。このような変化が起こるとは、考えてもいませんでした。

グレープフルーツの皮が剥きやすくなり、甘味が増す訳とは?

グレープフルーツを茹でてから冷やすことによって、皮が剥きやすく味にまで変化が出る事にはきちんと理由がありました。

グレープフルーツの皮と袋の間には白いスジやワタがあり、身と皮をずれないように固定する役目があるそうです。
このスジとワタにはペクチンと言う成分がありこれが固定に役立っているのですが、茹でて加熱することでこのペクチンが分解されるので、皮が剥きやすくなります。

味に関してはやはり加熱により、苦味と酸味が少なくなり甘味を感じやすくなるそうです。グレープフルーツは収穫後も呼吸をするので、酸が必要です。加熱で少なくなった酸を呼吸で使ってさらに減らすので、お砂糖をかけて食べたくなるような酸っぱさではなくなるのです。

美味しいグレープフルーツの見分け方

グレープフルーツは形によって糖度にも変化があります。これを知っておくと便利です。

形が平たい形の物の方が糖度が高くて皮が薄く、洋ナシのような平たくない縦長いタイプのものは皮が硬く糖度が低いと言われています。ぜひ買うときにはこれを参考にしてみてください。

因みにグレープフルーツは「身をブドウのように房状にならす事」から「グレープ」の名前が付きました。


YouTube グレープフルーツの簡単なむき方 Best way to grapefruit pelling【ライフハック】便利裏技


YouTube グレープフルーツが1分でジュースに!おかしなグレフルチューチュー!

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ