サイリウムの捨て方とその注意点とは?

スポンサーリンク

e3372a19bf296a64b2ac32809a68ea02_s
そもそもサイリウムって何でしょうか?という人もいらっしゃるかと思いますが、サイリウムとは「ケミカルライト」とも呼ばれるもので、コンサートやイベントなどで発光するもの振っているのを見かけたことありませんか?

あれがサイリウムです。(全てではありませんが)化学反応によって中身を発光させるしくみですが、やはり薬品の類が入っているので安全なものというわけではありません。もちろん、どこにでもポイッと捨てていいものではありません。

サイリウムについて


化学反応によって光る、手軽なサイリウム。イベントだけでなく、お祭りや100円ショップでも売られています。

サイリウムという名前はケミカルライトの商品名「サイリューム」から来ています。「サイリューム」という名前が登録商標で商標権の侵害になるとして「サイリウム」と呼ばれるようになりました。

使い方もいたって簡単。化学反応を起こすためにすることはただひとつ。

まっすぐの状態のサイリウムをポキッと折るだけで、中の薬品が混ざり、発光しはじめます。

この手軽さもあり、また電池を使うペンライトとも違って先だけでなく全体で光るので、応援グッズなどにも取り入れられています。


どこでサイリウムを使いましたか?


7~8割くらいがアイドルのイベント等でファンの方達がお使いになっていると思われるサイリウム。

応援している人もされている人も、色とりどりのサイリウムで気分も盛り上がりますよね。

しかし、イベント後の会場や最寄りの駅に捨てられたサイリウム、少々問題になっています。

安いから、1回しか使えないから、なんて理由で現地にポイッ!と捨ててくる方もいらっしゃいますが、基本的に自分で持ち込んだものは自分で持ち帰るのがマナーではないでしょうか。

多少荷物になるかもしれませんが、やはりポイ捨てはいけません。

ゴミの持ち帰りについて


幼稚園や保育園、小学校の遠足でも、リュックの中に準備するものとして「ゴミ袋」が必ずあります。

お弁当やおやつを食べたときに出たゴミは園児でもきちんと袋に入れて持って帰ってきます。
スポンサーリンク


やはり大人たちも出かける際にゴミを持ち帰るということを徹底したいものです。サイリウムに限った事ではありません。

外国の方が日本に来て、街がきれいだと言ってくださるインタビューをテレビでも何度か見ていますが、そのイメージをいつまでももってもらいたいですね。

サイリウムは実際、「何ゴミ」?


こればかりは各自治体によって可燃ゴミだったり不燃ゴミだったりとあるようです。使う予定のある方は、捨て方をしらべる必要があります。

各自治体のホームページなどにゴミ処理に関しての質問を受け付けている部署の電話番号等が載っていますので、確認してください。必ず自治体の決まりを守ってくださいね。

最近はゴミの分別が厳しくなり、それによって面倒になった、ダストボックスの置き場に困る、そもそも何ゴミにしたらいいのかわからない、などいろいろな問題も出てきました。

なので、コンビニのゴミ箱のようにまだユルい分別の場所に捨てて帰っちゃおう、なんて人もいらっしゃるかと思います。

ですが、やはり自分で楽しんだものは極力持ち帰りが鉄則。じゃあコンビニで、空き缶捨てている人と違いがあるのかと言われればそれまでの話で、たしかに他のお店で買った缶コーヒーの空き缶をまた別の店のゴミ箱に捨てることはあります。

ここまできたら「気持ち」の問題だと思うのです。

缶コーヒーの空き缶をポイ捨てせずにコンビニのゴミ箱に捨てる。

サイリウムをポイ捨てしないでコンビニのゴミ箱に捨てる。ここをもう一つ考えて、持ち帰って処分、という考えになってくれたら、きっとイベント後の街ももっときれいになると思うのです。もちろんサイリウムだけではありません。読んだ雑誌、新聞、折れた傘・・・ゴミ箱の中でかさばっているかもしれません。

サッカーなどではサポーターが観戦後に客席の清掃している話も聞きます。サイリウムをイベントで使用し、その辺に大量に捨てられているところを会場の人が見たら、もうそのイベントをこの会場でしてほしくないな、と思うかもしれません。

また次回、楽しく参加できるイベントにするためには、屁理屈や文句だけではなく、みんなの意識として、来た時よりもきれいな会場、地域にして「立つ鳥あとを濁さず」で帰宅したいものですね。もちろん、書いている自分も肝に銘じておかなければいけないと思います。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ