グラボの調べ方とは?

スポンサーリンク

8e0db9690b4151a5dfbe4658f929cdba_s
「グラフィックボード」で快適なパソコン環境を

日々、新しい言葉に悩まされています。子供が学校や幼稚園などで覚えてくる言葉、アニメの用語、さっぱりわかりません。新しいアイドルの名前も覚えられません。

更に私の頭を混乱させているのがパソコン用語。もはや日本語に聞こえない。世の中についていくためには毎日が勉強です。
さて、今回はそのパソコンに関係している「グラフィックボード」というもののお話です。これがあると便利!と思う方もいらっしゃるでしょう。というか、今の時代、必要としている方は案外多いかもしれませんね。

グラフィックボードって何?

グラフィックボードは「グラボ」とも呼ばれ、パソコンに使われる画像や映像のためのものです。
おそらく市販のパソコンには、あまりグラフィックボードは装備されていません。「後付け」が主流です。
でも、パソコンって買ってきて設定すればすぐ使えますよね。お店の人も「パソコンで画像や映像を見るにはグラフィックボードが必要ですよ」なんて言いません。

最近は、パソコンで画像や映像を見るなんて当たり前。パソコンを買う以上、ネットを見たり、年賀状作ったり、メールしたり、お仕事やプライベートで写真を管理したり図表を作ったりはしますよね。パソコン作っている会社だって、普通にみんなが使うであろう機能をわざわざパソコンと別売りにするはずはありません。まあこのくらいのことはできるだろうくらいの性能のオンボードグラフィックス(表示回路を組み込んだチップセットをマザーボード(基盤)に乗せたもの)は搭載されています。

では、なぜ「グラフィックボード」が必要なのか。それは、上記の標準装備品ではうまく処理できない画像や映像があるからです。その処理できないものとは「3D(立体)」です。

例えばCADなどは3D画像の処理が必要ですよね。ゲームも最近はリアルな映像。きれいにディスプレイに映し出すには、標準装備ではなかなか難しくなってきます。そこで、後付けのグラフィックボードが必要になってきます。

早い話、そんなにリアルな映像のゲームもしないし立体が関係するグラフィックとはあまり縁がないなぁという方は、グラフィックボードは必要ありません。

スポンサーリンク



デスクトップパソコンとノートパソコン


グラフィックボードが増設できるのは、デスクトップのパソコンです。ノートパソコンには増設できません。ノートパソコンでゲームをしたい、3Dを頻繁に使う、という方はグラフィックボード並みの処理機能が搭載されたパソコンを購入しましょう。

自分のパソコンに搭載されているグラボの調べ方


グラフィックボード、自分のパソコンに何が搭載されているのか。パソコンを分解しなくても画面上で確認できます。

マイコンピュータを右クリック→プロパティ→デバイスマネージャ→ディスプレイアダプタ(←ここにグラボが載っています。)

の手順で出てきます。

また、画面左下のWindowsマークを右クリックするとデバイスマネージャがありますので、ディスプレイアダプタを参照してください。


グラフィックボードの選び方

グラフィックボードは、高性能なものからほんの補助的なものまで、いろいろなものがあります。もちろん高性能のものは値段もお高いはず。まず自分がパソコンで何をしたいのかをはっきりさせてから購入することが大事ですね。

グラボで有名なのがnVIDIA「GeForce」と、AMD「Radeon」です。nVIDIAの方がシェアも多いそうですが、AMDも性能としては負けていません。

下記のホームページが詳しい選び方を載せていますので参考にしてみてください。
迷ったらお店の人に聞きましょう。

http://www.sakura-pc.jp/pc/04_vga_02.html


最後に。


このグラフィックボード、いろいろな呼び方があるんです。「ビデオカード」「グラフィックカード」「ビデオボード」などなど・・・。同じ物と考えて大丈夫だそうです。

「カード」と「ボード」がありますが、要は小さな板状のものに乗っているということで、同じと考えていいということです。お店に行ったら私は混乱しそうですけど・・・

さぁ、皆さんもパソコンをグレードアップして、快適に作業ができますように。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ