ガスレンジの焦げ付きをらくらく落とす裏ワザ!

スポンサーリンク

4ba9d502f8605621b7f13560d14419e3_s

ガスレンジって気をつけているつもりでも、いつの間にか汚れが付着していませんか?

年末の大掃除の時は五徳の焦げ付きを落とすのが厄介で、思うように汚れが落ちてくれません。
何かいい方法は無いかと調べてみたら、いくつか簡単に落とせそうな方法が出ていたので実践してみました。その方法と結果を紹介します。

ガスレンジの汚れの正体は?

まずはガスレンジの汚れについて調べてみました。
ガスレンジの汚れには食品の汚れ・油汚れ・焦げ付きがあります。
食品が吹きこぼれたり、調味料が飛び散ったりしたときにすぐに拭き取れば、すぐにおちるので後から困る事はありません。

しかし放置すると頑固な汚れに変わります。
そして多いのが油汚れです。揚げ物や炒め物の調理の時に飛び散った油も、すぐに拭き取れば問題はありません。
しかし放置すると酸化してこびり付きの原因になります。
もう一つ、厄介な汚れが焦げ付きです。

五徳にこぼれた食品や油を放置したままガスを使うと、それが焦げついてしまいます。
このまま放置するとガスを点火した時に燃える可能性もあり、危険なのではやく掃除した方が安全です。

ガスレンジの焦げ付きを掃除する

汚れについて調べたら、ガスレンジの汚れを放置することは危険だと改めて認識しました。
それでは一刻も早く汚れや焦げ付きを落としてしまわないと心配です。ネットなどの情報をもとに効果がありそうなものをランダムに選んで、さっそく実行してみました。

①重層で磨く:
重層を使うとガスレンジの焦げ付きが落ちてピカピカになると聞いたことがあります。100円ショップに掃除用の重層が売っているので、これを使って掃除してみました。

まずは重層の準備です。100mlのぬるま湯にスプーン1杯の重層を入れて、スプレーボトルに入れておきます。汚れがひどい部分用の重層ペーストも作りました。タッパーに重層を入れて塗るのにちょうどいい状態になるまで少しずつお水を足して混ぜて作ります。

準備が済んだらレンジ本体の汚れが気になる部分にスプレーして、キッチンペーパーで覆って少し待ってから磨きます。
この時に古い歯ブラシやアルミホイルなどで擦ると、汚れや焦げ付きが落ちやすいです。

五徳の焦げ付きがひどいところにはペーストを塗り、少し放置してからブラシでやアルミホイルで磨きました。
最後にもう一度キッチンペーパーなどで汚れと重層水を拭き取って終了です。

スポンサーリンク



②重層+鍋で沸騰:
ここまでで、だいたいの汚れを落とすことが出来ました。でもまだ五徳に焦げ付きが残っているのが気になります。ここで最終手段を実行しました。

五徳が全部入る大きさの鍋を用意しそこに五徳を入れて、全部かぶる程度のお水を入れます。

ここに重層を大スプーン3杯入れてから加熱します。
強火にはせず中火~弱火程度でゆっくりと沸騰させたまま2時間加熱します。
火を止めてそのままの状態でお湯がぬるくなるまで放置しました。

これをスポンジで擦ったら、頑固な焦げ付きが全部取れました。満足です。

最後に

今回は2段階の方法を実施して、頑固な焦げ付きを落とすことが出来ました。
②の方法が一番汚れ落ちが良かったのですが、2時間の加熱や冷ます時間を考えるとやはりいつでも出来る事ではありません。
面倒でもガスレンジと五徳は、使用後に台所用洗剤でササッと洗うべきだと実感しました。


YouTube 重層でガス台を掃除


YouTube 激落ち!頑固な油汚れにホット重曹スプレーでレンジ掃除生活の知恵裏ワザ

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ