エゴサーチの危険性とは?

スポンサーリンク

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s
今やネット社会。いつでも不特定多数と接することのできる時代、そしていろいろな情報が飛び交う時代です。誰がどこで、どんな話をしているか。その話題が今後の生活にどういった影響を及ぼすのか、考えたことはありますか?

ネットの話題はいい話や勉強になる話ばかりではありません。もし自分がネット上で話題にされていたら、それはどんな話題なのだろう、気になる方もいらっしゃるかと思います。

また、自分のことだけではなく、自分が運営しているホームページやブログに関して調べ、それを今後の向上のために役立てていく、これも大事なこと。

自分(ego)を調べる(search)、「エゴサーチ」について考えてみましょう。

エゴサーチのやり方

自分のことをほかの人がどう捉えているかが知りたい場合、一番簡単なのは検索エンジンで自分の名前を検索することです。しかしこれには弱点があり、全国には同姓同名さんがきっといる、という方もいらっしゃるわけですし、まぁ良い話題でもないかぎり一般的な方たちはフルネームでネット上に載りません。

なので、ニックネーム、自分がほかの人から何と呼ばれているか、ネット上で使うハンドネームや通称などがあればそれで検索してみましょう。

また、一番多いのが自分のブログなどの反響を知りたいという理由でエゴサーチをする方だと思います。自分の運営しているブログ、せっかくだから関心を持ってもらいたい。ブログをしている方たちはそう思うでしょう。

自分の発言が思わぬところで波紋を呼んでいたり、誰かを傷つけていたりしたら心配です。でもそれがわかった場合はブログの修正できますよね。
自分のブログのエゴサーチのやり方は検索エンジンの検索バーに

「自分ブログのURL -site:自分のブログのURL -site:twitter.com -site:facebook.com -site:google.com -site:hatena.ne.jp」
スポンサーリンク


と打ち込んで検索をかけてみましょう。上記の検索結果は「自分のブログ」「ツイッター」「フェイスブック」「Google+」「はてなブックマーク」を除く、自分のブログの検索結果、つまり自分が簡単に調べられる範囲以外で自分のブログがどのように話題にのぼっているかを検索してくれます。知らない人が自分のブログを見て、その人のブログで紹介されている場合など、この検索結果に出てくるわけですね。

また、「Yahoo!リアルタイム検索」を使うという手もありますが、ブログのタイトルから検索しますので、ちょっとややこしいかもしれませんね。

自分のブログのURLを貼っているものを例えばツイッター内で調べたければ、検索のところに自分のブログのURLを打ち込んで検索してください。
さて、自分のブログはどんな反応がみられるでしょうか。楽しみ?怖い?

エゴサーチ、怖くない?


検索をかければ簡単にできてしまうエゴサーチ。結果を見ることによって今後の改善点が見つけられるし、どんなに反響があったかも確認できる。これはさっそくやってみなければ・・・ちょっとだけお待ちください。「私、打たれ強い!」と言い切れる方はいいのですが、やはり人は、酷評されていたり反論されていたりするのを目の当たりにするのはキツイものですよね。

エゴサーチの結果、以後気を付けようとか、今度からこうしていこうとか、改善点として客観的に見ることができる人は素晴らしいと思います。でも、自分のことやブログを悪く書かれていてショックを受ける人は多いと思います。また、その意見が身近な人のものであると知ったときもつらいです。「自分を客観的に見るチャンス」と思える時でないと、精神的な面からもおすすめできません。

エゴサーチするときは、心を落ち着けて、それを悪口ととらず改善点として受け止める。

これがなかなか難しいんですけどね。

このようなリサーチは、どうしてもしなければいけないことではありません。それよりも自分の書いたブログを載せる前に今一度チェックし、みんなの共感を得られたり、楽しんでもらえたりするブログにすることが一番ではないでしょうか。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ