イカの寄生虫にご用心!知らずに食べると・・・

スポンサーリンク

bf29a68ffe625859a71019192ab2f8d3_s

イカの寄生虫についてご存知ですか?
なかなかクセモノの寄生虫がいるようです。
美味しいイカを調理する前に知っておきたい、イカの寄生虫について、ちょっと怖いけど大事なお話です。


「アニサキス」を知っていますか?


アニサキスとは海の生き物に寄生する寄生虫です。

お魚にもいますが、イカにも寄生しているのです。

アニサキスが胃や腸に入ると、今度はそこで寄生するために胃や腸の粘膜を傷つけはじめます。

食後数時間後に腹痛や嘔吐などの症状がでてきますが、下痢にはなりません。
嘔吐したものも胃液が主。これが食中毒とは違う点です。

しかしこの腹痛、かなり痛いようなので、しっかり調理中に対策することが大事です。
このアニサキス対策はどうしたらよいのでしょうか。


暑さにも寒さにも弱い!


アニサキスはイカだけではなく、サケ、サバ、アジなどにも寄生しています。

お魚を食べるのが怖くなってきますが、アニサキスは、加熱でも冷凍でも死滅します。なので、お魚やイカなどは一度冷凍(-20度以下に24時間以上)するか加熱調理がおすすめ。

最近、スーパーのお魚売り場で「寄生虫の恐れがあるため、しっかりと加熱もしくは一度冷凍をしてからお召し上がりください」というような注意を促す張り紙を見かけます。

やはりこのアニサキスを恐れての張り紙なのだろうと思います。

お刺身も冷凍ものを解凍して食べたほうがいいようです。活きのいい海産物ほどこの寄生虫の危険性がある、というのが悲しい現実です。



アニサキスが多いのはどんなイカ?


どのイカも「アニサキスがいない」という保証はありませんが、どうやらスルメイカに多いようです。

結局一番多いのが、寄生されている生き物を食べたために寄生されるようなので、内臓の処理はきちんとしましょう。

でも、アニサキスがいるのは内臓だけとは限らないので、やはり加熱、冷凍などしてから食べた方がよさそうです。

そうそう、まるごと食べちゃうホタルイカも要注意。必ず加熱してから食べましょう。

あと、アニサキスは体の一部を切られてしまうと生きていられないので、イカソーメンなど細くきってしまうのもアニサキスによる害を防ぐことができるそうです。

美味しいイカ、きちんと対策をとって美味しくいただきましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ