アカウント名の決め方~困っている方!深く考えないで~

スポンサーリンク

4e9b10b3a7d9f761dc381b35104ba4f2_s
ネット上で何かのサービスを利用するときに、「パスワードを決めてください」「アカウント名を入力してください」こんなことよくありますよね。パスワードは自分が知っていればいいだけなので変なパスワードでもいいですが、アカウント名って、なんとなくいい名前つけたくなります。

でも、自分のニックネームや名前って「既に登録されています」ってこと、ありませんか?そんなメッセージが出ると「うわっ!どうしよう・・・」と悩んでしまうことも。

何か、いいアカウント名のつけ方ないでしょうか。

王道のつけかた


名前が「山田太郎」さんの場合、そのまま「taro」もしくは「tarou」で登録したくても、まず「既に登録されています」が出るでしょう。

王道のつけかたその1.
名字も使って登録します。「yamadataro」でも「taroyamada」でもいいですが、サイトによっては本名をそのまま使うのはリスキーかも・・・そんな場合は「ymdtaro」のように名字の母音を抜いてしまう方法もあります。

王道のつけかたその2
誕生日を組み合わせます。4月1日生まれなら「taro0401」、これでだめなら西暦を足します。「taro790401」(1979年4月1日の意味です)

王道のつけかたその3
名前の後ろに好きな単語をつける方法。青が好きなら「taro-blue」。名字の一字を英語にしてしまうのもいいですね。「taro-mountain」という感じです。




・ペットの名前を使う。「pochi」でだめなら、王道のつけかたで文字を増やす→「pochi0401」

・なまえを英語にしてしまう。「太郎」はだいたい長男なので「first-son」(正式な「長男」の表記ではありませんが、自分が使いやすい表記にします)といった具合。

「花子」さんなら「flower-child」のように文字ひとつずつを直訳してもいいですし、「the-flower」みたいに名前のメインだけをもってきてもいいですね。

・名字、名前を英語にして頭文字を集める。「山」→「mountain」、田→「rice-field」
「太郎」→「first-son」で「mrf」「mrffs」のような感じです。

・ずばり好きな言葉を使う。趣味でも映画でも曲名でもいいでしょう。実際にいそうな人名っぽいのはやめたほうがいいかもしれません。短い単語を使うなら、「racing0401」みたいに数字を入れると更に登録認証されやすいかもしれませんね。日本の映画が好きなら、ローマ字に変換したり、自分なりの解釈で英語に変換するのもいいでしょう。

・好きなものをたくさん並べるのもいいです。(例「sea-orange-sunset-shootingstar」)

スポンサーリンク


アカウント名のタブー


ほかの人が見たときに不愉快になりそうな名前はやめます。

・犯罪や災害を思い起こさせるアカウント
・下ネタ
・宗教等に関する言葉
・特定の人を否定したり悪く言う言葉。たとえ有名人のことでも、アニメやゲームのキャラクターでも、ファンが見る可能性があります。

さらに自分が困る名前もやめましょう。

・勤務先に関する言葉。守秘義務があるような業務の言葉は尚更いけません。
・自分の情報をすべてさらけ出す名前。名前も住所も誕生日も含まれる・・・となると個人情報を開示していることになります。仲のいい人が自分を見つけ出しやすいと思って自分の情報を出しすぎるのはやめましょう。

パソコンやスマホ、タブレットなどで、いつもいろいろな人と繋がれるこの時代、皆が使っているサービスは登録して一緒に楽しみたいという人も多いでしょう。家にいながらにして友達と接触できるのですから。

ネット上なら誰にも会っているわけではない、と思いがちですが、実は世界中の人と接触可能であるのがネットの世界。だからこそアカウントはイメージの悪いものはつけないほうがいいように思います。

さて、どんなアカウントにしようか決まりましたか?サイトによっては数字が使えたり使えなかったり、記号が使えたり使えなかったりということもあります。注意事項等を必ず読んで、楽しくサービスを使って下さい。

あとは、自分がそのアカウントを忘れないようにすること。急にアナログな話になりますが、アカウントを作ったら必ずサービス名とアカウントをメモしておきましょう。人間、苦労してつけた名前ほど、すぐ忘れてしまいますから。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ