もみじとかえでの違い 何が違うの?どう見分けるの?

スポンサーリンク

WS000006
秋も深まるとどんどん色づいて来る木々。緑がぐんぐん伸びて鮮やかになっていく初夏も良いですが、紅葉の中にいるとほっと一息つける感じがしませんか? そこで今回は紅葉について調べてみました。

紅葉(こうよう)とは?

紅葉(こうよう)とは、落葉樹が寒さに備えて葉を落とす前に、葉の色が赤や黄色に変化することです。

気候が1年中あまり変わらない地域では、紅葉を見ることはありません。紅葉とは、樹木が寒さに耐え生き延びるために、乾燥や冷気に弱い葉を落とすための過程なのです。

広い意味では紅葉(こうよう)は赤く変化する葉だけではなく、黄色に変わる「黄葉」や褐色になる「褐葉」も含めての表現です。落葉樹の中には緑からいきなり赤になるものもありますが、緑→黄→赤に変化していくものもありますから、全部含めて「紅葉(こうよう)」と呼んだほうが理にかなっているかもしれませんね。

何故色が変わるかというと、葉に含まれる色素が分解していくからです。木の葉にはクロロフィル(緑)とカロチノイド(黄)という色素があるのですが、日差しが弱くなるにつれてまずクロロフィルが分解されます。そのため残ったカロチノイド色になるのです。

赤になるのはアントシアニンの色素のせいなのですが、実はこの色素は元々葉に含まれている訳ではありません。寒さが厳しくなっていくとアントシアニンが作られるようなのですが、メカニズムはまだ不明です。日中は晴れて暖かく、夜は冷え込むことで作られ、一日の温度差があるほど鮮やかな赤になって行きます。

緑からいきなり赤くなるのはナナカマドなど、緑→黄色になるのはイチョウ、カラマツなど、緑→黄色→赤に変化していくのはトウカエデなどです。

もみじとかえでの違いって何?

紅葉(こうよう)の中でも代表的とされるもみじ(紅葉)とかえで(楓)。この違いは何なのでしょう。

実は、植物分類上では同じものなのです。両方を合わせて「かえで」と言い、英語でもMapleの一単語だけです。もみじはほぼ日本だけに生えているかえでの一種なのだそうです。

日本で代表的なもみじはイロハモミジという種類です。これは落葉樹で、現在は多くの園芸品種があり、色の変化も色々です。その他オオモミジ、トウカエデ、サトウカエデ、メグスリノキ、ハナノキなど多くの種類があります。沖縄のクスノハカエデは赤くなりません。
スポンサーリンク


いい見分け方はある?

植物分類上では同じものとされるもみじとかえでですが、園芸や盆栽の世界では明確に分けています。

葉の切れ込みが深く5つ以上のものをもみじ、それ以下をかえでと呼んでいます。

WS000002WS000003

この2つは、両方とも葉は5つ以上に分かれていますが、切れ込みの深さが違いますね。左がもみじ、右がかえでです。
WS000004
こちらはもっとはっきりわかると思います。かえでです。海外で見るのはこちらだと思います。

ちなみに、海外でこのように葉の色が変わるのは一部の地域だけだそうです。落葉樹が生えているところでしか見られないのですが、東アジア沿岸部や北アメリカ東部、ヨーロッパの一部がそれに当たります。

外国ではあまり紅葉を愛でるという感性がないそうです。かえって道路を汚すものとして嫌っている人も多いのだとか。確かに掃除のことを考えればそうですが、日本人はそれより色とりどりの紅葉の美しさのほうを大切に思っているのですね。

外国で紅葉がそれほど愛されないのは、その色の変化が乏しいということもあるようです。日本では落葉樹が26種類あるのに対し、アメリカやカナダではその半分しかありません。そのため色調に変化が乏しく、日本では当たり前の「葉が燃えるような紅になる」ことは欧米では珍しく、黄色が主体なのだとか。

しかも、日本ではその紅葉を回りの景色と調和させ、より美しく見せるようにしています。そのため、ちょっとした公園などで規模が小さくても、絶妙な美的感覚で一枚の絵にしてしまうのですね。

最後に語源を調べました。
WS000005
「かえで」は「カエルの手→かえるで」から転じたものだというのが通説になっています。確かに、カエルは後ろ足に水かきがあって切り込みが少なくなっていますね。(ただし、水かきがない種類のカエルもいるそうです)

「もみじ」に関しては、揉み出すと紅色の染料が取れることから「揉み出す」が変化したものだという説があります。あるいは、揉み出して出た紅色の染料を「もみ」と名付け、そこから樹木の色が秋に変化することを「もみず」と言うようになっていたため、それが更に変化して「もみじ」になったのではないかとも言われています。


YouTube:カエデコレクション


ヤマモミジ


ニオイカエデ

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ