でき婚は離婚しやすいって本当?

スポンサーリンク

98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_s

近頃はあまりめずらしくもなくなったできちゃった結婚、略して「でき婚」。

あなたの周りにも意外と多いのではないでしょうか?

かく言う筆者も、でき婚率が非常に高い家族構成です。姉も妹も、ついでに義理の兄弟も、みんなでき婚です。

順番が違うとはいえ、子は授かりもの。パートナーと子ども、家族が増えるのはとてもうれしく尊いことです。

しかし今、でき婚後の離婚率の高さがちょっとした問題になっているのです。どうやらでき婚は、嬉しいことばかりではないようです。

でき婚はイメージが悪い?


妊娠したことをきっかけに結婚するでき婚は、「子どもを授かっておめでたい」からおめでた婚授かり婚、「既成事実を作って結婚する」から既成事実婚ともよばれます。

どれも子どもをきっかけに結婚するのに、呼び方ひとつでイメージががらっと変わりますね。

ちなみに、アメリカではでき婚のことを「shotgun wedding」なんて表現するそうです。

父親が、妊娠した娘の彼氏に散弾銃を突きつけて結婚を迫ったことが由来なんだとか。

昔は、結婚前の男女が肌を交わらせるなんてはしたないという考えが一般的だったため、世代によってでき婚の捉え方も違ってきます。

時代は変わり、異性と付き合ったら性行為はあたりまえ、結婚まで純潔を守るという人はほとんどいないのかもしれません。

それゆえ、若い世代になるほどでき婚に肯定的なイメージがあるようです。

厚生労働省の平成22年度「出生に関する統計」によると、20代前半の女性が出産した子どものうち約6割ができ婚で産まれた子どもといわれています。

10代ではなんと約8割!20代後半でも約2割もの割合です。若い世代のでき婚がいかに多いかわかりますね。

【どう思う?】できちゃった結婚はあり?


でき婚は離婚しやすい?


しかし、でき婚したものの離婚してしまう夫婦が多いといわれています。

結婚した当初は幸せいっぱいだったはずなのに……いったいなぜでき婚は離婚につながりやすいのでしょうか。

まずは、結婚に対する男女の思いのズレです。

修復できないほどのズレが生じた時、離婚を選択してしまうのかもしれません。

女性は、好きな男性の子どもを授かり、結婚までできて幸せかもしれません。

しかし、男性にしてみたら、予定もしていなかった結婚に「こんなはずじゃなかった!」と感じる人もいるようです。

結婚を真剣に考える前に、計画性のない性行為で子どもを授かってしまい結婚しなければならなくなることが一因かもしれません。

本来ならば、お付き合いをして、その過程で相手との将来を真剣に考え、そして結婚、妊娠にいたるのが望ましいとされています。

しかし、予想外の妊娠。世間体を気にして、親に言われて……あっと言う間に結婚が決まってしまいます。

結婚をする覚悟、親になる覚悟、さまざまな覚悟が足りないまま、新生活を向かえるのです。

子どもが産まれても、心のどこで「こんなはずじゃなかった!」と現実を受け入れることができず、浮気やDVなどにつながってしまうこともあるようです。

スポンサーリンク



もちろん、女性が「こんなはずじゃなかった!」と感じるケースもあります。

でき婚の現実を受け入れていない男性がパートナーの場合、子育てや家事にあまり積極的に参加してくれないことがしばしばあるようです。

女性は夢見がちな生き物です。

「たとえ今は非協力的なパートナーでも、子どもが産まれればきっと変化があるはず!」なんて、自分の理想の子育て像だけどんどん膨らませて、現実を見ないふりしてしまいます。

妊娠中~新生児くらいまでは、女性は自分の体調の変化や慣れない子育てに必死です。

しかも、結婚・出産の準備に大忙しです。

しかし、子育ても家事も本格的に忙しくなったとき、ようやく現実が見えてきます。

何も手伝ってくれないパートナーに気づきイライラ。

自分の思い描いていた結婚生活と落差があればあるほど「こんなはずじゃなかった!」と不満がたまっていくのです。

できちゃった結婚、やんなっちゃった離婚


若さゆえに


年齢の若さも離婚につながりやすい一因です。

とくに10代ででき婚をした夫婦のうち8割は5年以内に離婚するというデータがあるそうです。

若いと収入も少なく、生活が困窮するなど金銭面にも影響があります。

精神面でも、自分たちもまだ大人になりきれていない子どもなのに、子育てをする覚悟を求めるほうが難しいのかもしれません。

そもそも、若さゆえの過ちで性行為をしてでき婚をしたというカップルも少なくなく、友達はまだまだ遊んでいる年齢なのに、自分は結婚・子育てのために自由が少ないと、ストレスがたまり離婚を考えてしまうようです。

パートナーや子どもを足枷のように扱い、無責任な子育てだけはしないでいただきたいものです。

だって、産まれてきた子どもには何の罪もないのですから!

避妊せずに性行為をした自分の責任をしっかりと考えてほしいと思います。

さいごに


でき婚をした夫婦は誰しもが離婚するというわけではなく、もちろん幸せな結婚生活を送る夫婦もいます。

筆者の家族も、でき婚から10年たってもだれも離婚していませんし、むしろ未だにラブラブです。

でき婚に限らず、恋愛結婚、お見合い結婚、どんな夫婦にも離婚の危機は訪れると思います。

ただ、危機と向かい合ったときに、お互いを信頼できる関係性が築けているかの違いなのではないかと感じました。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ