ちょ~効率的な両面テープのはがし方とは?

スポンサーリンク

e68e12f8697948e1d86eaa5eadbc5525_s

工作やDIYが好きな方の必需品、両面テープ。これがあると便利ですよね。しっかりくっついてくれるのでいろいろなところで重宝します。

しかし、間違えたときなどに剥がすのは一苦労。きれいに剥がしとる方法はないでしょうか。

両面テープはこうして剥がす(シールや粘着テープも効果あり!)


・案外きれいに取れる、熱風大作戦
シールや両面テープを剥がすときにとても便利なのが「ドライヤー」です。

そうです、髪の毛を乾かすあの「ドライヤー」。

シールや両面テープなどの粘着力は、熱を当てると弱まるんです。

子供が絵本の表紙やテーブルに張ってしまったシール、木製家具にくっつけてしまった両面テープなどは、私はこの方法で剥がしています。

ただし、プラスチックなどに貼ったものの場合は、ドライヤーの熱でプラスチックが変形する恐れもありますので、違う方法で剥がして下さい。

・成分を利用して剥がす
1. お酢。

お酢をしみこませたティッシュを、剥がしたいシールや両面テープで貼ってしまったものに10分ほど押し当てておくと、簡単に剥がすことができます。



2.ハンドクリーム。

これも粘着力を弱める成分入り。

剥がしたいシールや粘着テープの上につけてしばらくおくと、指でこするとポロポロ取れてきます。

ラップをかけておけば、浸透力も上がり、取りやすくなります。

3.食器用洗剤。

こちらもハンドクリームと同じように剥がしたいものの上からかけて少し時間をおきます。

ラップで押さえれば効果も上がります。

ベタつきもきれいにとれるそうです。

4.灯油・ライターオイル 。

灯油もしくはライターのオイルを数滴たらした布で剥がしたいものをこすってみてください。

シールの跡まできれいに取り除いてくれます。

灯油やライターオイルを使う場合は、換気を十分に行ってください。

ハンドクリーム・食器用洗剤・灯油は剥がし終わったら丁寧に水拭きでふき取ってください。

以上の方法は、行う前にドライヤーなどでシールや両面テープなどを温めてから行うとよりいっそうきれいに落ちます。

スポンサーリンク



・少し強引かもだけど、パワープレー
1. 消しゴム。

剥がしたいものをざっくり剥がした後、残ってしまったシールやテープの跡、シールの残骸などは、上から消しゴムをかけると、消しカスと一緒に剥がし残しが取れていくそうです。

2.ほかのテープで剥ぎ取る。

ガムテープなどの粘着面を剥がしあとに地道に押し付けて、粘着面の跡を取っていくという方法。

ちょっと時間と手間がかかる場合もありますが、思ったよりキレイになります。

・あっさり剥がれるシンプルな方法
お湯。これは食器などを買ってきたときにいい方法。

お湯にひたすら漬けておきます。

お湯で粘着部分がするりと離れますが、時間がかかります。

私が昔、切手収集をしていたとき、使用済み切手を封筒やハガキからはがす方法と同じなのですが、このやりかたは糊成分が流れ落ちます。

でも剥がしたものがきれいに残るので、もしも剥がしたものが捨てるに忍びないもののときはやってみてください。

これは「濡れてもいいもの」に限ります。

ご注意ください。

灯油などを使うわけではないので、安心、安全です。

・こんなものも!意外なテープ剥がしの術。
1.湿布を貼る。

これははがした後の剥がし残しに効果抜群だといいます。

2.修正液を水で薄めたもの。

灯油などと同じく、布にとってから剥がしたいものにつけておきます。

時間がたつとこちらも剥がしやすくなっていると思いますので、はがした後は丁寧に水拭きをしておいてください。

両面テープは、セロテープより粘着力が強い気がします。

貼ったところを傷めないような方法で上手にはがしてください。

小さいお子さんがいるご家庭ではシールを、ものを手作りするのが好きな方は両面テープを「剥がしたい!」と思うことがよくあるもの。

是非試してみてください。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ