ぐっすり眠れる枕の選び方とは?

スポンサーリンク

91d290170aa5f4d68a312575a0b74803_s

子供のころは特に気にならなかったのですが、大人になって枕の存在がとても大事に思えるようになりました。
といっても、私は何か頭を高くすれば眠れるので、これといったこだわりがないのですが、先日知人が「枕が気になって眠れない」と言い、一緒に枕を買いに行きました。知人曰く、首や肩が楽じゃないのだそうです。

実は、枕はとても大事なもの。自分の体にあった枕を選ぶことは熟睡するうえでとても大切で、しっかり眠ることができないと体も休まりませんし、いびきなどの原因になることもあります。
では、自分にあう枕はどうやって見分ければよいのでしょうか。

枕ってどう選んだらいい?

枕選びで重要なのが「枕の高さ」。

頸椎が自然なカーブを保てるようにできる枕を探しましょう。
そして。顎がほんの少し額より下がっているほうがよいのだそうです。

この姿勢になるのがよいかというと、立っているときの正しい姿勢に近い形になるため。
よく頸椎がS字になるとよいといわれていますが、そのS字を作るためにちょうどいい枕が必要になってくるのです。

かといって、枕は買うときに寝て試すことができないことが多いので、どうやったらジャストな枕を選び出せるのかが悩みどころ。
そして仮に枕を試すことができたとしても、敷布団などの硬さなども関係してくるため、お店で一概に「この枕がいいですよ」とはなかなか断言できないのです。

そこで最近よく見かけるのが「高さの調節できる枕」です。
買ってから自分で調節できるのは安心ですよね。
また、微調整は家にあるタオル類などでできますので、だいたいの高さを合わせられる枕ならほぼ大丈夫だと思われます。
あとは、「寝返りしやすい」というのも大きなポイントだと思います。
寝ている間に無意識にとる行動ですので、寝返りで体に負担がかかるようでは快眠とはいえませんね。

寝ているとき、顎より額をほんの少し下げるということは、首の部分をしっかり支えてあげることも忘れてはいけません。
低反発素材のものによく見られる形なのですが、山が二つある枕は首をしっかり支えるという点で理にかなっている商品なのだなぁと思います。

やわらかめの枕を買ってしまった方は首の下にタオルをくるくると巻いたものを当てて首を支えてあげるといいですよ。
首と枕(布団)の間に隙間をなくし、仰向けに寝たときに違和感なく気持ちいいと思える枕が理想的なのだそうです。

旅行先などでとりあえず気持ちのいい枕で寝たいとにきは、バスタオルとフェイスタオルで快眠できる枕を再現することもできます。


スポンサーリンク



枕があわないと体に悪い?


枕って、実は大切なものなのです。
枕なしで寝ると、血液が頭のほうによく流れて行ってしまうので、脳がおやすみモードに入れずなかなか眠れない・・・なんてこともおこるかもしれませんし、首への負担も大きくなり、肩こりなどの症状がでてくるでしょう。

枕の高さが高過ぎると一晩中首を不自然に曲げ続けることになると同時に、後頭部が上がりあごが引けます。
すると後頭部から首、肩にかけての血行が悪くなり、顔にむくみが出ることもあります。
そして首に不必要な力がかかり続けてしまうので肩こりの原因になってしまうのです。

高すぎる枕はどうでしょうか。
自分でやってみるとわかるのですが、枕が高いと首にしわが寄ります。
目が覚めた時、仰向けに寝ていて足元の壁が見えるようならおそらく枕が高いのかもしれません。

首にしわが寄ることでわかるように、首としては無理な恰好になりますので、気道が狭くなっています。
これがいびきの原因になっている方がいらっしゃるかもしれません。
自分にあった枕で寝るというのは、呼吸や血液の循環に大きくかかわってきますので、とても大切なことなんです。

自分で気持ちよく眠れる枕が一番なんです。
でも、例えばいびきがなかなかなおらないとか肩こりがひどいという場合は枕をちょっと見直していただけたらと思います。
できれば、あまり柔らかすぎない枕で、頭が20%ほど沈むくらいの硬さがいいそうです。
少し沈むことで頭が安定し、気持ちよく眠れるかと思います。

きちんとした寝姿勢とは、あおむけに寝ているとき、目を開けたら必ず天井が見えている状態だといいます。頸椎のSカーブを守りつつ、楽な姿勢で、気持ちのよい睡眠時間を。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ