「ご自愛ください」は目上にOK?NG敬語は?

スポンサーリンク

120def697f48ab695e43eff403307195_s

「ご自愛ください」。手紙やメールで結び言葉として使われる言葉です。

通常会話ではまず使わないせいか、「お体ご自愛ください」などと書いている人もいます。

正しい使い方はどうなのでしょうか。

「自愛」の「自」には体という意味が、「愛」には大切という意味がそれぞれあり、自分の体を大切にする、という意味です。

つまり、「ご自愛ください」はお体を大切に、とかお元気で、といった意味なのです。

「自愛」という言葉の中に体や体調の意味が含まれているので、「お体ご自愛ください」は誤り

普通、季節の言葉を前に添えます。「熱中症にならぬよう、ご自愛ください」など。

「ご自愛ください」は目上の人に使える?


何となく上から目線のような気がして「目上の人に使ってはいけないのではないか」と考えている人もいますが、そんな事はありません。

どんな立場の人にも使うことができます。

相手の健康を気遣う言葉なので、目上、目下、男性、女性に関係ないとされています。

目上の人に対しては失礼では、とされたのは「ください」の部分のようです。

動詞「くださる」の命令形であり、相手への要求や依頼をする時の「ご(お)~ください」と同じ形でもあるため、押しつけがましいイメージがあるからではないか、と言われています。

つまり、「こちらにご記入ください」と言ったら、尊敬語の形は取っていますが、「書きなさい」という意味です。

お願いする場合は「こちらにご記入いただけますか?」と別の表現をしますね。

ご自愛ください」をそれと同じようにとらえて、押しつけがましい、余計なお世話だ、と感じた人が当初は多かったようです。

ですが、今は手紙やメールの結びの文章として定型化していますので、目上の人に使っても全く問題ないとされています。

気になる人は、「どうぞ、ご自愛ください」「ご自愛くださいませ」のように言葉を補って使うと良いでしょう。

「ご自愛のほどお祈りいたします」「ご自愛のほど心よりお願い申し上げます」といった表現が大辞林に掲載されています。

ほかにどんな言い回しがある?


特に病気や体調が悪い場合には、「お大事に」「お大事にしてください」「大事になさってください」などと言いますね。

元々は「これ以上大事に至らないよう(=悪くならないよう)お祈りしています」という意味だったと言いますから、これこそ不思議な使い方ですね。

ほかにも「お体に気をつけてください」「御身おいとい下さい」「くれぐれも御身お大切に」「お健やかにお過ごしください」「ご健康をお祈りいたしております」などの表現があります。

YouTube:学生・新入社員のためのビジネスマナー講座「敬語」


目上の人に使えない敬語はある?


①「お疲れ様」
よく取り上げられるのが「お疲れ様」。目上の人に使わない、という意見と使っていい、という意見に分かれているのです。

現在は目上への「お疲れ様」はOK、「ご苦労様」はNGというのがビジネス上は定説になっています。

ただ、選挙の演説などでは大体「お勤め、ご苦労様でございます」と表現しています。

これは有権者を下に見ているのではなく、仕事で色々と苦労があるでしょう、というねぎらいの表現だと言います。

そうなると、上司に「ご苦労様でした」と言っても良さそうですね。

ただ、殆どの人はビジネス上の定説が頭の中にあると思うので、相手を見て使い分けるようにしましょう。

スポンサーリンク



②「了解しました」
「了解」という言葉には尊敬の意味が入っていないため、「かしこまりました」「承知いたしました」などと言ったほうが良いようです。「承知」は謙譲語なので、相手に対してへりくだった表現になるのです。

③「~してください」
間違ってはいませんが、お願いをするには少々失礼に当たります。「~していただけませんか」「~していただけましたら幸いです」などという言い回しが適切です。

④「助かります/助かりました」
「助かる」はねぎらいの言葉とされ、ねぎらいは本来目上の者が下にかける言葉。

そのため、目上に対し「〇〇していただけると助かります」「〇〇していただけて助かりました」はふさわしくないと言われています。

「恐れ入りますが(お手数をおかけしますが)〇〇していただけないでしょうか」「〇〇していただければ幸いです」「ご協力いただき、〇〇ができました。ありがとうございました」といった表現にしましょう。


言葉のマナーは時代と共に変わることもあり、大変難しいものです。

ですが、上司や得意先の担当の気分を害してしまっては、どんなに良い仕事をしてもあなたの評価は下がってしまいます。

最低限の知識は持つようにしましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ