ボカシ肥料は自分で作れる?作り方や使い方とは

スポンサーリンク

8f6276b8548ceed34538d2d0fae01476_s
家庭菜園で野菜を育てる時に、慣れていないと失敗がたくさん続きます。
立派に育てるために肥料を多めにあげているのに、病害虫に弱くなってダメになる事があります。
肥料を選ばずに適当に選ぶと土壌の状態が安定せずに、植物や野菜がダメになる事があるそうです。
肥料にはいくつか種類があり、ボカシ肥料は家庭菜園が初心者の人にも使いやすく自分で作る事も出来ると言われています。
今回はこのボカシ肥料を取り上げて、使い方や作り方などを紹介します。


ボカシ肥料とは?

ボカシ肥料とは、米ぬかや魚粉などの有機肥料に土やもみ殻などの発酵菌を加えて発酵させて作る肥料の事を言います。
単に「ボカシ」と呼ばれるこの肥料は、有機肥料に微生物を混ぜて発酵させて、原形からぼかしている事からこの名前がつきました。

ボカシ肥料は有機肥料のように微生物に分解されて効果を発揮させるのとは違い、すでに発酵しているのですぐに効果が現れます。
そして有機質を発酵させてできたアミノ酸を直接野菜や植物の根から吸収させることが出来るので、成長が促されて実や根が大きくなります。

ボカシ肥料の使い方は簡単です。
植物や野菜を植え付けた時でも、生育を促すときでも両方の時に使う事が出来ます。
まず植え付ける時に使う場合は、本来必要な量の半分のボカシ肥料で十分です。
その理由は有機肥料よりも効果が早く出やすく、葉を成長させる窒素成分が多く含まれているからです。
そして追肥で使うことも出来、追肥で肥料を与えるタイミングで使う時は土の上から少量をばらまく程度で十分効果が現れます。土の中に入れる必要はありません。

このようにボカシ肥料は家庭菜園初心者の人でも手軽に扱えて効果が早いと言う利点がありますが、
もう一つ「誰でも簡単に作れる」というメリットがあります。

スポンサーリンク


ボカシ肥料の作り方とは?

ボカシ肥料は、菜園初心者の人でも手軽に使えて効果が有機肥料より早く現れるメリットがあります。
そして予め発酵させているので、土の中でガスや酸による害を受けません。
このボカシ肥料は誰でも作る事が出来るので、ここで作り方を紹介します。

<用意するもの>
・油かすや米ぬか魚粉などの有機物
・発酵菌(市販の物)
・入れ物
・ビニールシート

<作り方>
入れ物の中に用意した米ぬかなどの有機物を入れて、発酵菌を混ぜ合わせます。
発酵菌は液体か固形かで混ぜ合わせる量は違います。
固形の場合は原材料:発酵菌を10:1の割合で混ぜ、液体の場合は100倍程度に薄めた物を霧吹きで吹きかけながら混ぜていきます。
混ぜ合わせる時に水分が多すぎると腐敗する原因になるので、混ぜ合わせた肥料を握ってみて固まる程度の水分量に調節します。
よく混ぜ合わせたら次は発酵させるのですが、発酵の場所は直射日光が当たらない日陰を選びます。
入れ物の中にボカシ肥料を厚めに摘んで、用意しておいたビニールシートをかぶせて発酵させます。
季節が夏場なら約10日で完成しますが、春や秋なら2週間から20日、冬場は地域にもよりますが約1か月くらいかかって完成します。


さいごに

いかがでしたか?ボカシ肥料の事を良く知らなかった人も、このメリットを知って使ってみたくなったのではないでしょうか?
ボカシ肥料は材料をホームセンターで手に入れることが出来、誰でも簡単に作れます。
自分で作ったボカシ肥料で野菜や植物を育てたら、ますます愛着が湧いてくるに違いありません。
そしてボカシ肥料は微生物肥料であるため、害虫予防ができて雑草の量も増えません。
自分で作ったボカシ肥料を使えば肥料代の節約ができ、農薬代や除草剤を大幅に減らす事が出来ます。
これを使えばきっと質の良い野菜や植物を育てることが出来るでしょう。


YouTube ボカシ肥料の作り方|味の農園


YouTube 米ぬか発酵ぼかし肥料.mpg


YouTube EMボカシで家庭菜園

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ