静内の桜祭りの見所をご紹介!

スポンサーリンク

d87a7c51039bea06f52f06ae833375c7_s
静内の桜祭りと言えば、『日本の道百選』・『さくら名所100選』・『北海道遺産』などにも選ばれた、新ひだか町静内田原~静内御園までの【二十間道路桜並木】で毎年、しずない桜まつりを開催しています。

この地にあった宮内省の御料牧場を視察する皇族の行啓道路として造成されたのがはじまりです。
1916年(大正5年)から3年間、近隣の山々からエゾヤマザクラなどを移植されたようです。
そのとき、左右の道幅がちょうど二十間(約35m)あったことから、二十間道路と呼ばれるようになりました。

日本屈指の桜の名所を会場としたこのお祭りは、9:00~18:00まで特産品の販売やいろいろなお店が出店されます。


毎年、全国から20万人もの観桜客が訪れるほどの大きなお祭りです。
エゾヤマザクラを中心に、カスミザクラ、ミヤマザクラが幅36m、直線にして約7kmを、約3000本もの桜が咲き誇る姿は圧巻です。


この桜まつりは、桜以外の目的で来場する方も多いようです。
それが・・・

【龍雲閣】

1909年(明治4年)に御料牧場の貴賓舎として建設され、皇族を始め多くの名士高官がご来場、ご滞在されました。
木造一部二階建て、延べ513平方メートルの優美な御殿造りの外観は素晴らしいものです。
皇族などの方々が使用された家具、馬具など国宝級の品が、中には所蔵されています。
天皇皇后両陛下も実際訪れています。

この龍雲閣が桜まつりの期間のみ一般開放されていることから、この時期に多くの方が来場されています。


桜の平均開花日は5月5日前後、満開日は5月9日と北海道ならでは、少し遅めの開花日を迎えているようです。
ホームページなどで、開花予報や、開花状況などが掲載されているので、ぜひ確認してみて下さい。

しずない桜まつりでは、いくつかの注意事項があります。

①宴会の禁止区間がありますので、ご注意下さい。
②草地内及び放牧地は立ち入り禁止の場所があります。
③ゴミはすべて持ち帰るよう、お願いします。
④静内二十間道路沿いにいる軽種馬の事故防止と牛への伝染病感染防止に付き、ペットのご入場を禁止しております。

すべての方が、快適に桜まつりをご堪能できるよう、ご協力よろしくお願いします。


〈静内へのアクセス方法〉

住所:北海道日高郡新ひだか町静内田原・静内御園

【車でご来場の場合】
日高自動車道日高門別ICから国道235号経由。
道道71号を新ひだか町方面へ車で40km。
桜まつりの期間中は、臨時駐車場300台を設置予定。

【電車でご来場の場合】
JR静内駅から車で約20分。
またはJR静内駅から農屋行き道南バス「桜丘小学校前」バス停下車 徒歩約15分。
お祭り期間中は、静内駅より臨時バスが運行されています。


ホームページや関連サイトがあるので、そちらも確認してみると良いかもしれないですね。


しずない桜まつりは全国から人が集まるほどの知名度です。
その桜が咲き誇る姿は、実際訪れた方は大満足なようです!
機会があったらぜひ訪れたい場所です
ね♪

他にも静内の観光名所をご案内します。
北海道と言えば・・・?

牧場!!

スポンサーリンク


①サラブレッド銀座
いくつかの牧場が
広がる敷地は見るだけでも、気持ちがスッとなる広大さ。
競馬の馬として活躍していた馬が、楽しい余生を送っています。
季節によっては、産まれて間もない子馬を見ることが出来ます。
競走馬のサラブレッドをたくさん見れるのはこの地域のみです。


②新冠泥火山
この場所は、天然記念物に指定されています。
サラブレッド銀座のすぐ近くにあるので、ついでに訪れのもいいでしょう。
地下から水と一緒に噴出した泥が、堆積して出来た丘の風景を泥火山と呼びます。
この泥火山の大半は私有地の牧場内にある為、遠景することのみ可能となってますのでご了承下さい。

③優駿記念館
サラブレッド銀座にある優駿メモリアルパーク内にある施設です。
玄関にはあの有名なオグリキャップがお出迎えしてくれます。
名馬のグッズや写真が飾られているので、競馬ファンにはたまらないでしょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ