2016年、伏見稲荷の紅葉の見ごろはいつ?ほかのおすすめも紹介。

スポンサーリンク

73c7c81c27f1736f588b053a799c81e8_s

2014年外国人観光客人気スポットの1位になったという京都の伏見稲荷。「お稲荷さん」という言葉は知っていても、実際の魅力は私たち日本人のほうが知らないかもしれません。外国人をも虜にする伏見稲荷の魅力を探ってみました。


伏見稲荷とは?

正式名称を伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)という、お稲荷さんを祀る神社です。シンボルの白い狐は神の使いとされています。全国3万の稲荷神社の総本社で、ご神体(神様が宿る場所)は稲荷山。農業の神様とされ、五穀豊穣を始め商売繁盛や交通安全の御利益もあると考えられています。

駅からすぐ参道~一番鳥居があり、楼門、外拝殿、内拝殿、本殿が一直線に並びます。その裏に千本鳥居が約5000基、山頂まで続いています。「おもかる石」と名付けられた石灯籠があり、持ち上げた時に予想より軽ければ願い事が叶うとされています。

ところで、「お稲荷さん」とはどんな神様なのでしょう? 山城国風土記によると、元々は稲に宿った民俗宗教の神様だったようです。そこから「いねなり(稲生り)」と呼ばれ、時代とともに「イナリ=稲荷」と変化したそうです。

その後、民俗宗教と神道が融合するようになります。神道では食物の神様に「宇迦之御魂(うかのみたま)」がおり、稲荷神と同一視されるようになったのです。
7dd8c7d09c442e58a91b845f2363f04d_s
「宇迦之御魂(うかのみたま)」は別名を「御饌津神(みけつのかみ)」と言いました。キツネは当時の言葉で「けつ」と呼ばれており、「みけつのかみ=三狐神」と当て字をされたのが発端で、キツネが稲荷神の使いであると考えられるようになったとされています。また、キツネがネズミを捕食し稲を守ることや、しっぽの色や形が稲穂に似ていることも、稲荷神の使いとされるゆえんです。

これらの変化や同一化によって、稲荷神は神道の神様である、ということになり、神社で祀られることになりました。

さらに、インドの神にダーキニーという白狐に乗っている天女がいることから、真言宗ではダーキニー(茶枳尼天)と稲荷神を同一視するようになりました。真言宗の布教により戦国時代には稲荷神を仏教の神でもあると考えられるようになっていたようです。

現在、神仏は分離していますが、分離の際に宇迦之御魂(うかのみたま)ではなく茶枳尼天を本尊とすることにしたところは寺院となりました。有名なところでは成田山の出世稲荷、浅草寺の鎮護堂、比叡山の星峯稲荷、妙教寺の最上稲荷などがあります。
スポンサーリンク


伏見稲荷の紅葉の見ごろはいつごろ?

大木が多い割には紅葉の名所とはされていませんが、11月中旬から下旬になると桜、カエデやモミジ、イチョウなどが色づき、美しい紅葉・黄葉が見られます。拝観料不要で閉門時間もないので、観光客が少ない早朝に行ってみてはいかがでしょうか。

また、徒歩15分の所に光明院、更に5分ほどの所に東福寺があります。東福寺の紅葉は京都随一とされていて、内部の渓谷を埋めつくすほどの紅葉は圧巻です。

ただし、見ごろには大混雑し、歩くのが困難なほどだとか。近くの光明院は東福寺の境外塔頭(子院)で、穴場とされています。美しく整えられ「虹の苔寺」とも称される庭園で、静かに楽しむのもおすすめです。


更には瑞光寺(縁切寺)、醍醐寺、墨染寺という紅葉の名所が伏見稲荷神社と同じ京都市伏見区にあります。

YouTube:
Fushimi Inari Grand Shrine(伏見稲荷大社)


HD映像 全国3万社の稲荷神宮の総本宮 伏見稲荷大社


紅葉以外に見どころはある?

毎年11月8日は、伏見稲荷神社で火焚祭がおこなわれます。この行事は1年間の五穀豊穣に感謝を捧げる祭りで、全国一のスケールとされています。

本殿の儀は13時からで、井桁に組まれた3基の火床から立ち上る炎は圧巻。全国から奉納された10万本の火焚き串が焚かれます。

14時からは、千本鳥居横にある神苑斎場に移動して火焚きの儀がおこなわれます。1時間ほどの間に3回神楽舞などがあります。

18時からは本殿前で人長舞が奉納されるのですが、薄暗い境内の中での舞は別世界に迷い込んだような幻想的な世界を醸し出してくれます。拝観自由で無料です。


また、地元民のおすすめスポットとして、伏見稲荷神社~嵐山コースがあります。JR稲荷駅から嵯峨嵐山駅まで約22分、そこから12分で天龍寺、さらに4分で嵐山です。

天龍寺は世界遺産になっており、釈迦如来を本尊とする臨済宗天龍寺派の大本山です。八方睨みの龍が法堂天井に描かれていて、その迫力は恐ろしいほどです。見事な回遊式庭園は嵐山を背景にしており、紅葉の美しさを存分に味わうことができます。

嵐山は京都観光ランキング2位の人気観光地で、紅葉の名所です。渡月橋からの眺めは、紅葉に吸い込まれてしまいそうな迫力があります。
【その他紅葉に関する記事】
秋の名所「香嵐渓」の紅葉を見に行きませんか?
鶏足寺の紅葉を見に行こう!見どころを大紹介!
京都の紅葉、見ごろはいつ?穴場が知りたい!
百人一首の歌人も絶賛!秋は袋田の滝の紅葉を見に行こう

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ