梅雨の語源、意外と知らないのでは?

スポンサーリンク

8b2cc20a93db9a45f8c82e3485e674e3_s

梅の雨と書いて梅雨(つゆ)または(ばいう)とも呼びますが、その語源については諸説あることをご存知でしょうか。

そもそも梅雨というのは、日本だけのものではなく、6月~7月中旬にかけて、朝鮮南部・長江下流域から、北海道を除く日本列島に見られる雨期のことを指します。

その語源は大まかに二通りあり、おもに中国で生まれた説と、日本の説、どちらも「梅の実」と深く関わっています。

そんな梅雨の語源となった「梅の実」にまつわる中国と日本の2つの説を、今回はご紹介いたしましょう。

中国で生まれた梅雨(ばいう)


「梅の実が熟す頃に降る雨」という意味で、中国の長江流域では「梅雨(ばいう)」と呼んでいたという説と、

黴(カビ)が生えやすい時期の雨という意味で、「黴雨(ばいう)」と呼んでいたが、

カビでは語感が良くないので、同じ読みで季節に合った「梅」の字を使い「梅雨」になったという説の2つがあります。

日本で生まれた梅雨(つゆ)


梅雨という言葉は、江戸時代に中国から日本へ伝わり、日本では「梅雨(つゆ)」と呼ばれるようになりました。

日本式に「つゆ」と呼ぶようになった理由は、いくつか説があり、ひとつは「露(つゆ)」から連想したもの、


そして、梅の実が熟す時期だから「つはる」から連想したものと、同じく梅の実が熟し潰れる時期だから「潰ゆ(つゆ)」と関連づけたという説、


最後に、カビのせいで物がそこなわれる「費ゆ(つひゆ)」から連想したという説などがあります。

読み方だけで、こんなに色んな説があるとは驚きですよね。

梅雨は東アジア固有の雨期


じつは、梅雨は、東アジア固有の雨期であり、梅も東アジアにしか生息しない植物です。

今まで梅雨というと、なんとなく日本固有のものというイメージがありましたが、中国の人も私たち日本人と同じように、梅雨のジメジメした天候を味わっていると思うと、なんだか親近感を感じますよね。

言葉の語源を知ることで、お互いの国のつながりが感じられるのは素晴らしいことです。

ぜひ誰かに、梅雨の語源について話をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ