子供の名前、古風?キラキラネーム?

スポンサーリンク

7dd57bd1160aaac513596699878df453_m

パパやママは妊娠中から赤ちゃんの名前を考えます。
流行の名前などもありますし、画数を気にしてつける、偉人たちにあやかる、代々受け継がれてきた文字を使う、親はいろいろ考えたうえで一つの名前をつけます。
最近は子供の名前を聞いて「キラキラネーム」「古風な名前」などということを聞くようになりました。名前について少し考えてみます。

いまでは少数派。女の子の古風の代表格「○子」

女の子の名前の移り変わりです。「ウメ」「セツ」などカタカナ二文字の名前が多かった時代を経て「○子」が主流になる戦後。「ザ・女の子の名前」という定番の考え方がどこか残り、今でも男性の芸人さんがコントで女性に扮する時などは「○子」という名前を用いたりします。

でも最近は「○子」は少数派です。昭和世代には浸透しているけれど最近見かけない名前。この「○子」は古い名前なのでしょうか。
「子」のつく名前が主流だった頃の「○子さん」達はよく「子のつく名前が嫌だった」と言います。理由は様々でしょうが「だから自分の子供に『子』はつけない」という話もよく聞きます。
そして「子」のつく名前が珍しい昨今。イメージとしては古風なのかもしれませんが、今では珍しいのでかえって新鮮だという声も聞きます。そして何よりご年配のウケがいいのです。世代の安心感なのでしょうか。

 

キラキラネームって?

数年前からよく聞く「キラキラネーム」。キラキラネームの定義はあるのでしょうか。
アニメの登場人物の名前だったり、その登場人物を表す当て字を使ったり、名前をストレートに呼んだときおかしな意味になったり・・・おおよそこんな感じが定義でしょうか。
度が過ぎるキラキラネームは大人になって仕事先で名刺を出した時に恥ずかしい思いをしたり病院で名前を呼ばれて周りに注目されたりと将来苦労するようですが、今はちょっとした当て字などはもう普通の時代。年末などに見る名づけランキングなどにも若干の当て字は普通に入っていますし普通の名前とキラキラネームの境界は曖昧です。

今は「読み方がわからない」と聞き直される名前が将来は主流なのかもかもしれないし、珍しい名前で話題が広がるかもしれません。当て字の名前がすべて悪いとも限らないのです。

 

自分の子供には思いを込めた名前が一番。
あとは子供が目の届かないところへ行ってしまったときに、名付けた親自身が大声で呼べない名前にしないこと、ですね。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ