厄年の過ごし方~あなたはどう乗り越える?~

スポンサーリンク

3a6285d7bc1230bc3b0b5e40e40c2c3e_s
 
厄年って気にしないつもりでも、やはり不気味な感じがします。知り合いが「厄年に交通事故で入院した」とか「泥棒に貯金通帳を盗まれた」などと噂を聞くと、自分にも降りかかってくるかもしれないと心配になります。

厄払いをしなかったから悪いことが起きたという人がいる反面、厄払いをしたけど悪いことが立て続けに起きたという人もいます。
出来るだけ安心して厄年の3年間を過ごすには、どうしたらいいのでしょうか?

厄年とは?

災厄にあいやすいと言われている年齢です。男性は例えば25歳・42歳・61歳で、女性は19歳・33歳・37歳と言われます。

この風習は平安時代からあり、ゴロ合わせではないかという説もありますが根拠は不明です。男女ともにホルモンのバランスが変わる年頃や、社会的な役割に変化が出てくる歳ともいえます。

厄年の過ごし方、やっておいた方がいいこととかある?

平穏無事に厄年を終わらせたいと、誰でもが願います。その気持ちの強さはそれぞれの進行や価値観によって違いがあるでしょう。

全く気にしないで、いつもの年と同じように過ごす人もたくさんいます。また、気にし過ぎるとかえって悪いことを引き寄せそうで怖いと考える人もいます。

不安な時の安心材料として、やった方がいいとされることは全部やっておきたいと考える人のために、厄年にやっておいた方がいいことを紹介します。

①「厄除け」「厄払い」
厄年には一般に「厄払い」や「厄除け」に出かける人が多いと思います。
この二つは意味の違いはありません。厄払いはお寺で、厄払いは神社で行います。
どちらを選ぶかはその人次第です。毎年欠かさず初詣に出かける神社で、厄払いをしてもらう人が多いのではないでしょうか?

また、パワースポットとして大人気の神社でもいいですし、ご利益があったと教えてもらったお寺でもいいのです。その本人が一番信じられることろでやってもらうと安心です。
厄払いなどに行くといいとされる期間は、元日~節分の間と言われています。早すぎても遅くなっても、ご利益は無いのかもしれません。

②ポジティブに生きる
厄年だからと気にし過ぎて暗い気持ちになったり神経質に過ごすと、いつもなら気にならない些細なことが気になりイライラしたり気持ちが塞がります。
悪い方ばかり考えると、自然に思考や行動がネガティプ傾向に変わってしまうかもしれません。
出来る限り前向きに、穏やかな気持ちで過ごすことを心掛けた方がいいでしょう。

③住まいの厄落とし
「神社で厄払いしたから大丈夫」と、だらだらと過ごしていてはいけません。生活の基盤となる住居の厄落としも、効果があります。
不要なガラクタを捨てて汚れを落とせば、毎日が気持ちよく暮らせます。厄年の間は常にきれいな空間を維持する事を心掛ければ、心の垢も落ちてさっぱりした気持ちで過ごせます。

④初心にかえる
厄年の間は目立つような行動はとらずに、出来るだけおとなしく目立たないようにした方がいいという意見もあります。

だからと言って今まで職場でバリバリと後輩たちを引っ張っていった人が、急に目立たないような行動に変わったら上司や同僚にやる気がないヤツと勘違いされるかもしれません。控えめ過ぎる行動は、誤解を招きます。

今まで勢いよく突っ走ってきた人も、厄年をきっかけに自分の行動を振り返るチャンスです。何か見落としている事に気が付くかもしれません。この先も安定した仕事を続ける為の準備期間と考えて、初心にかえる事も大切です。

⑤健康診断を受ける
毎年欠かさずに会社が指定した医療機関で、健康診断を受けている人も多いと思います。

厄年は女性ではホルモンのバランスが変わり、体の不調を訴えやすい年齢に設定されているという考えもあります。男性の厄年も、心臓疾患やストレスからくる病気に罹りやすいと言われる年齢です。

厄年をきっかけに人間ドックで細かく健康チェックをするのもいい事です。それに合わせて食生活や生活リズムの見直しをすると、厄年の急な病気を避けられるかもしれません。


YouTube 厄払い酒



YouTube 警告!厄年は体の変わり目、女性に特有な症候群「危ない病気の兆候」

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ