切り傷を早く治す方法とは?

スポンサーリンク

1667b6625bd6df4d6ea765c8dfde6380_s
ぶつかった、転んだ、刃物で切った、何かが刺さった・・・大けがではないものの、早く治したい皮膚の怪我。

ジュクジュクしてくると治りが悪いようなイメージがありますよね。

お風呂に入っても痛いし、服に擦れても痛い。もう一刻も早く治しちゃいましょう!


そもそも間違い?消毒液


皆さん、例えば転んで擦りむいたときはどんな手当てをしますか?

とにかくまずは、ばい菌が体内に入らないように消毒して、それからガーゼあてて・・・。

最近、この手当の仕方があまりよくないと言われるようになってきました。というのも、
人間の体というのは本当によくできているもので、傷口には傷をよくしようとする働きが起こります。

そこで問題なのが消毒液なのです。消毒液でばい菌を排除!というのはいいのですが、その時一緒に傷を治そうとしている細胞までも攻撃してしまうのが消毒液の残念なところ。

一番いいのは、傷口を水道水で砂やほこりを流してしまうこと。これで大概十分なのだそうです。


目から鱗の新しい傷の治し方


ジュクジュクの傷口。見るのもいや。確かに気持ちいいものではありません。はやいとこガーゼと包帯で隠しちゃえ!と思いがち。

実はジュクジュクの中には素晴らしいものが隠れています。

透明の汁の中に、細胞再生に一役買ってくれる成分があり、怪我が治ることにとても関係がありますので、これは拭き取ったりしてはもったいない!ということで、今、こんな傷の治し方が注目を集めています。

それは、「湿潤療法」といい、最近はお医者さんたちの間で推奨されているのだそうです。

傷口から出てくる透明の滲出液が傷口を常に覆い、傷口を適切な湿潤環境に置くことで皮膚の再生を促すのだそうです。

この療法でのメリットもあります。

例えばガーゼを使わなくていいということ。

自分も小さいころに覚えがありますが、ジュクジュクした傷口に薬を塗ってガーゼをあて、包帯で巻かれてしまうと(ここまで医師がやってくれましたし、そういうものだと思っていました)、ガーゼの交換をしたいとき、傷口から分泌された液がガーゼや包帯にしみ込み、乾燥しているので、取ろうとするとまたビリっと・・・そしてまた傷口から透明な分泌物が・・・何日同じことを繰り返したでしょうか。

そして傷口の痕はくっきり残ってしまう。このガーゼを使わないでなんとかする方法はないものかと何度思ったかわかりません。

さぁ、ガーゼを使わない湿潤療法、どんな手当てをしたらいいのでしょうか。


湿潤療法のやりかた


まず、血が出ている場合は止血が先です。砂などが傷口に入っていそうなら水道水で洗い流します。

傷の周りを湿らせた布(ガーゼを使わないと言っておいてなんですが、ここはガーゼでもOKです笑)で軽く拭く。洗った水滴なども傷口は軽くおさえる程度。しっかり拭かないことです。
スポンサーリンク


傷口にラップを当て、テープで固定してその上から包帯を巻きます。

ひりひりする痛みには、ラップの内側に白色ワセリンを塗ってから貼ってあげると痛みも少し和らぐそうです。

これでOKです。夏だったら1日2回、冬は1日1回程、ラップを交換してあげましょう。

分泌物が固まってしまうガーゼと違い、剥がす時も楽ですね。

商品化されている「湿潤療法」


一例として、CMなどでご覧になったことがある方も多いと思いますが、BAND-AIDの「キズパワーパッド」という商品があります。

これが、湿潤療法ができるように考えられた絆創膏です。通常の絆創膏とは違い、外側は防水仕様で、家事で水に濡れる指先などにも使えますし、内側のジュクジュクを守って乾燥させません。

このキズパワーパッドより大きい傷を作ってしまったら、是非ラップとテープで試してみてください。




傷がふさがっても、再生した皮膚はまだ弱いので、しばらくは直射日光にあたらないようにしておきましょう。

これで傷のあとも残りにくい手当ての完了です。

ちょっとジュクジュクが気持ち悪いかもしれませんが、乾かす治療よりも早くきれいに治るなら試す価値あり!

もし怪我をしたときは、やってみてください。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ