バイステックの7原則とは?日常生活に活かせる介護の原則

スポンサーリンク

a9dbfe6d4c5d2dbe621e95b2425edfdc_s
バイステック(バイスティック)の7原則を知っていますか? 介護の世界で使われている理論です。いかに介護される人への援助をスムーズにおこなうか、の方法論と言ったらいいでしょうか。

これは、介護の世界だけでなく、他人とのつきあい全般に使える素晴らしい理論です。詳しく見て行きましょう。

バイステックの7原則とは?

1957年にアメリカのケースワーカー、バイステック(Biestek)氏がそれまでの経験を元にまとめた原則です。

①個別化
 はたから見たら同じような悩みや困難でも、当人にとっては「自分の悩み」であって、他人の問題と同じケースだ、とひとまとめにしてはいけない、という考え方。援助者(ケースワーカー)が利用者(クライアント)の人格ではなく、身体や疾患にばかり目が行ってしまい、画一的な対応をすることを諌めています。

 

人間は、自分と他人が同じだ、と思われるのはとても嫌なものです。他人とは環境も生活も違うのですから、表面的には同じ悩みに見えても、一人一人に真摯に対応しなくてはいけない、ということです。


②受容
 相手がこちらの理解できないことを言っても、頭から否定するのではなく、なぜそういう風に考えたかを理解する、という考え方。利用者の人となりを考え、援助者が頭ごなしに否定したり命令してはいけないのです。

 

相手のする言動には必ず意味があるはずです。それを理解し、認めるということです。ただし、認めることと受け入れることは別。例えば相手が罪を犯した場合、その原因をよく聞き、その行為に至った気持ちを理解してあげることは必要ですが、犯罪そのものを肯定はしないということです。



③意図的な感情表出
 相手の感情表現がどんなものであれ、認めるという考え方。利用者が感情的になり援助者を罵倒するようなことがあっても、冷静に受け入れるということです。

 

特に内面的な人やこれまで抑えつけられていた人ほど、何かの拍子に爆発して泣き出したり怒鳴ったりすることがあります。この時に相手を制止せず、すべて吐き出させてあげるということです。それによって相手は安心し、新しい一歩を踏み出すことが出来るのです。


④統制された情緒的関与
 相手の感情に飲みこまれることのないようにする考え方。利用者の問題を本質的に解決するためには、援助者が冷静に、第三者的立場に立っていなければなりません。

 

話を真剣に聞くあまり、同情したり同化してしまうと、相手に引きずられて正常な判断ができなくなってしまいます。例えば相手の話を聞いているうちに一緒に腹が立って来た場合、それが自分の本当の感情なのか、相手の怒りが伝染してしまっただけなのか、冷静に判断しないと、間違った方向に行ってしまうことがあります。

スポンサーリンク


⑤非審判的態度
 相手の言動に対して良いとか悪いとか判断をしない、という考え方。援助者は利用者をありのままで受け入れ、一方的に非難するようなことがあってはいけない、ということです。

 

人は、最初から自分を否定する人には心を開きません。無理して肯定するということではなく、聞き役に徹してあげれば相手は安心し、だんだん冷静な判断ができるようになって来ます。


⑥利用者の自己決定
 自らの行動は自分で最終決定する、という考え方。援助者は利用者が自己決定できるよう一緒に考えたり、色々な選択肢を用意し、利用者が自己決定できるよう促すことです。

 回りが支援したり情報を提供したり、とヘルプをすることはあっても、最終的な決定は本人がしないと、結局納得できなかったり後にしこりが残ったりするものです。他人から指示や命令を受けてやるのではなく、自分で決めたことには頑張れるものです。


⑦秘密保持
 相手の個人情報やプライバシーは絶対に漏らさない、という考え方。
 

 特に相手が信頼して教えてくれた情報を、相手の了解なく勝手に他人に話すと、場合によっては相手に害を及ぼす可能性があります。相手との信頼関係もなくなってしまいますから、絶対に漏らしてはいけないのです。


どのように活用できる?

YouTube:バイステックの7原則ってなあに?

実は、この7原則は「私的な個人間の関係ではなく、専門的な援助関係」である、とバイステック氏は言っています。

ですが、上の説明の四角で囲った部分を読むと、決してそうではないと思いませんか?
この原則が作られた約60年前のアメリカと現代は背景が全く違う、と翻訳者で精神保健の権威、尾崎新氏は述べています。

現代は人と人とのつながりが弱く、しかも難しくなっています。だからこそ、この7原則のように相手との距離をうまく取りながら、信頼関係を結んで行くことが大切ではないでしょうか。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ