ツワブキってどんな植物?食べられるの?食べ方や効能をご紹介

スポンサーリンク

f41ae8bcef6124809d2b06881c325ce2_s
「ツワブキ」って知っていますか? 秋になるとかわいらしい黄色い花を咲かせる植物です。

海辺や山に生えることが多いのですが、園芸植物としても育てられていて、多分一度は見たことがあると思います。山菜として昔から食べている地域もあります。

このツワブキの名を冠した「つわぶきハーフマラソン&車いすマラソン大会in日南」やポケモンのキャラクター、ツワブキ・ダイゴのおかげか、ツワブキに関心を持つ人が増えています。どんな植物なのでしょうか。

ツワブキってどんな植物?

主に海岸べりや山地などに生えている、キク科の植物です。葉の形はフキとよく似たハート型。

秋には花茎がぐんと伸びて、菊に似た鮮やかな黄色い花を咲かせます。開花の時期は10月~12月で、かなり長い間咲いています。

その後タンポポのような綿毛ができ、風に飛ばされて散って行きます。

日陰でもよく育つので、園芸植物としても利用されています。庭園の下草などにも昔から使われていたのだとか。

鑑賞用植物としては古くから知られていましたが、実は食用にもなるのです。

外観がフキによく似ていますが、それは同じキク科だから。フキよりは葉が厚く、ワックスを塗ったようにつやがあります。ツワブキの「ツワ」は「艶」が転じたものと言われています。

ツワブキの方が緑が濃く、葉が肉厚で、葉の裏側や茎は綿毛でびっしりおおわれています。フキのようにふきのとうは出来ませんが、それ以外では、艶のあるフキという名の通り、食べられる部位も食べ方も同じです。


ツワブキの旬や効能は?

食材として古くから利用していたのは九州など一部地域でした。現在スーパーなどで見るツワブキも、大分県・鹿児島県・宮崎県産が主です。

1月頃から収穫を始め、若葉がどんどん出て来る3月から4月が最盛期となり、味もその頃が一番良いとされています。旬の若葉や葉が開く前の茎(葉柄)は大変柔らかく、山菜の独特な味を楽しむことができます。

ツワブキの葉や茎には、昔から以下のように色々な体の症状に効能があることが知られていました。

・解毒作用
 魚の中毒に良いとされ、特にフグ中毒の特効薬です。乾燥した根や茎10~20gを300~400CCの水で煎じ、1/3程度まで煮詰まったものを飲みます。また、葉をよく揉んで青汁を出し、それをそのまま飲むのも効果があるとされています。
スポンサーリンク


・抗菌作用
 ツワブキの葉にはヘキセナールという抗菌性のある有効成分が含まれています。ドクダミにも同じ成分が含まれています。特に効果があるのは痔ろうで、葉10gを200CCのお湯で煎じた汁で患部を洗うと良いです。

 打撲、切り傷、湿疹、肩こり、筋肉痛、腫れもの、しもやけなどには、ツワブキの葉を火にあぶって柔らかくし、冷ましてから患部に貼り、ずれないようにします。一晩で効果があり、腫れが引き膿を排出します。

 虫刺されや歯痛には、葉をよく揉んで青汁を出します。その汁を直接つけると、痛み止めになります。

・健胃作用
下痢の時、茎や葉を煎じて飲みます。乾燥した根や茎10~20gを500CCの水で煮出し、1/3程度にします。それを1日3回に分けて飲むと良いそうです。

乾燥薬草として使う場合、10月~11月の開花時期に摘み、日干しにして乾燥させておきます。

また、江戸時代から浴剤としても使われていたそうで、湿疹などによく効きます。

YouTube:「お茶うけ」つわぶきの佃煮


ツワブキはどうやって食べる? 処理の仕方は?

味はフキに似ていて、似て食べたり漬物にして食べることもできます。

店で購入する際は、表面に綿毛がびっしりついていて、元気なものを選びます。綿毛は若く柔らかい状態の時にはたくさんついていますが、古くなったり成長しすぎたものは綿毛がなくなって行きます。

また、鮮度が落ちやすいので、保存袋などに入れて冷蔵庫に入れて下さい。できるだけ早く調理するようにしましょう。

ツワブキにはピロリジジンアルカロイドという、肝臓に有害な成分が含まれています。アクを取ると一緒に取れますので、必ずアク抜きするようにして下さい。

アク抜き方法
 ・葉を取り、茎を熱湯に入れます。最初に根元部分を30秒程つけ、その後すべて入れて20秒ほど浸します。
 ・茎の皮をむきます。熱いうちのほうがむきやすいです。茎を折りながらむくとやりやすいです。
 ・食べやすい長さに切り揃え、水に浸します。
 ・鍋に水を張り、その2%の塩を入れ沸騰させます。
・その中に切ったツワブキを入れ、1~2分ほど茹でます。
 ・その後30分ほど水にさらします。こうするとアクが更に抜けます。

これでアクが抜け、下ごしらえの完成です。あとはフキと同じように料理に使うことが出来ます。山菜は、冬に溜まった体内の毒素を排出する効果があると言われています。炒め物、佃煮、煮物などに利用しましょう。豚肉と炒めたり厚揚げと一緒に煮込んだり。

ツワブキと削り節だけできんぴらの煮つけも美味しいですよ。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ