オートミールはまずい?おいしく食べる方法は?

スポンサーリンク

89d661b6ed5d0226f3ae7d4e53b71e19_s

皆さんはオートミールを口にした事がございますか?アメリカのドラマなんかでよく見る、コーンフレークのような食べ物です。

日本人にはあまりな地味の無い食べ物ですが、このオートミールが、栄養価に非常に優れていて、なおかつカロリーが低くダイエットにとても良い食べ物だという事で、今密かなブームになっています。

そんなオートミールを食べた事のある多くの方が悩まされる最もシンプルな悩みが「まずい」という事です。おかゆのようにどろっとした食感となんか良くわからないような甘さが共存している為、オートミールが好きな食べ物という方は滅多にいないでしょう。


ただ、前述のように、オートミールを食事の中に取り入れる事で、ダイエット効果と栄養摂取に非常に良い効果をもたらしてくれます。

ですので、今回はオートミールが何故おいしくないのか、そしてそんなオートミールを少しでもおいしく食べる為の方法をご紹介したいと思います。


オートミールとは

オートミールとは燕麦と呼ばれる、食物繊維が豊富に含まれている麦を炒ってすりつぶして粉にしたものを指します。また、水や牛乳で煮て粥にした物も合わせてオートミールと呼ばれます。主に欧米圏でメジャーな食べ物である一方で、日本でもなじみが無い訳ではありません。

オートミールというもの自体は知らない方が多い物の、オートミールに砂糖で味付けをし、植物油を絡めてグラノーラとして食されています。更に、燕麦を
すりつぶして外皮のみを取り出した、またはその燕麦の外皮のみを使って料理した物をオートブランと呼び、これらはどちらも日本で商品化されており、全国スーパー、コンビニ等で簡単に手に入る事ができます。


日本でも欧米同様、食事の代わりとして食されていますので何かしらの形で食べた事があるという方は実は多いのではないかと考えます。


オートミールの栄養素

オートミールは健康食品としても、ダイエットとしても注目されていますが、実は100gあたり380kcalととてもカロリーが高く、単純に考えるとダイエットには向いていないと思われがちです。ですが、注目すべきは栄養素です。

タンパク質13g、脂質6g、炭水化物68g、糖質58g、食物繊維10gと非常に高い栄養素を持っているのです。

同じように健康に良い主食として扱われる玄米と比較して食物繊維が3.5倍、鉄分が2倍、カルシウムが5倍と、特に女性に良い栄養素がたくさん含まれています。

スポンサーリンク



オートミールの料理法

日本人の口に合わず、まずいと言われてしまうオートミール。ですが、オートミールには実は様々な料理法があるので、変わり種の物も含めて3つの料理法をご紹介させていただきます。

・ オートミールクッキー
定番のクッキーのレシピをご紹介します。まずはオートミール125g、薄力粉60g、ベーキングパウダー小さじ1杯、砂糖大さじ1杯、塩小さじ4分の1杯、をフードプロッセッサで混ぜ合わせます。混ざり合ってボロボロとした漢字になったら細かくさいころ状に切ったバターを混ぜます。バターがしっかりと混ざったら、クッキーの形に整え、オーブンで160度で30分焼きます。
そうしたら完成です。
基本的なオートミールの調理法で、市販のオートミールクッキーもありますが、自分で作ると特別においしく感じてしまうもの、焼き時間が変わってしまいますが、ドライフルーツを入れると更においしく作る事ができます。


・オートミールのトマトリゾット
オートミールを適量(50から60g)とコンソメ二分の1個、トマトジュース150gを耐熱皿に入れ塩こしょうをふります。その上にチーズを1枚のせて600ワットの電子レンジで1分10秒加熱して完成です。
トマトとチーズでオートミール独特の味を消し、おいしく食べる事ができます。


・オートミールのみそ汁
ひきわり状のオートミールをみそ汁に大さじ2杯入れるだけです。料理というより調味料的な使い方になってしまいますが、みそ汁を嫌いな方は多くはないでしょう。合わせてみそ汁は何を入れても独特な味を消してくれるので、何となく買ったはいいけど使い道がわからない、という方にオートミールのみそ汁をお勧めします。


以上がオートミールのご紹介でした。まずいというイメージがありますが、食べ方によってはとてもおいしくできる、そんな魅力のあるオートミールのご紹介でした。


3分で出来るオートミールのつくり方:Healthy Oatmeal in 3 minutes | Veggie Dishes by Peaceful Cuisine




奈保の料理教室・・・ ヘルシーオートミールバー


スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ